マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

侯爵の罠に落ちたら

侯爵の罠に落ちたら


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks
価格:900pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ステファニー・ローレンス(Stephanie Laurens)
 セイロン(現スリランカ)生まれ。五歳のとき、一家でオーストラリアのメルボルンに移り住む。大学では生化学を専攻して博士号を取得、その後、夫とともにロンドンに渡り、四年を過ごしたのち、帰国。研究活動に従事しつつ、十代のころから愛読していた歴史ロマンス小説を書き始める。現在ではアメリカでも人気が沸騰し、ベストセラーリストの常連となっている。

解説

伝説のネックレスが教えてくれる、運命の赤い糸。〈シンスター〉一族を描く大河ロマンス最新作が到着!

名門シンスター一族で、ただひとり残った適齢期の未婚の令嬢メアリーには、理想の将来像があった。それは、思いどおりに扱うことができる夫を選んで結婚すること。そして、彼女の条件にぴったり当てはまる男性――ランドルフ・カヴァナーに目を留めた。だが彼と話しても進展するどころかときめきすら覚えない。挙句の果てに、ランドルフの兄であり第5代レーブンソン侯爵のライダーに厚かましくも、弟は結婚相手にふさわしくないと警告されてしまう。しかし、彼の真の狙いは弟を守ることではなく、メアリーをしとめることだった。

■〈シンスター〉一族の華麗なるロマンスを描いた大ヒットシリーズの最新作。前作『甘やかな陥落』にも登場していた、シンスター家の結婚適齢期の娘、メアリーが今回のヒロイン。彼女は独立心が旺盛で、理想の結婚生活を送るべく、自分の意のままに動かせるような男性を夫に迎えようと画策します。とはいってもそこはヒストリカル、現代の肉食女子とは違い、意中の男性を落とすのも舞踏会でのもどかしい会話から。メアリーが自分に目を向けてもらおうと必死に会話を模索する様子は、いじましくもかわいいもの。そんなヒロインの魅力に気づくのは、メアリーが手に負えないような経験豊かでモテモテのヒーローです。細やかな心理描写あり、甘いロマンスシーンあり、手に汗握るサスペンスシーンありと、大河ドラマを見るような盛りだくさんの内容を堪能ください!

抄録

 ライダーはにやりとしたいのをこらえた。彼女の頭のてっぺんはかろうじてライダーの肩に届く程度で、自分のほうがはるかに背が高いため、メアリーが彼を支えるには、互いの体を密着させるほかはなかった。そして彼女は、ためらうことなくそうした。
「すまない」ライダーはつぶやいた。しっかりと押しつけられる彼女の体を感じつつ、ライダーは促されるままに広間を横切って廊下を進んだ。
 ほっそりとしていながらも、胸の横に当たる明らかな曲線、ふたりの肌を隔てている何枚もの布越しに誘いかけるように伝わるやさしいぬくもり、胸と背を支える小さな手の力に、ライダーは気まずくなるくらいの興奮を覚えたが、ゆっくりと図書室に戻るうちに、これほど彼女の近くにいられるのだから、多少の居心地の悪さは我慢すべきだと開き直った。
 おかげで、ふたりが図書室に入り、ペンバリーがドアを閉めて出ていくと、ライダーは立ち止まり、彼女の手を自分の腕から離して、その腕を彼女の体に回して抱きしめることができた。
 見開かれた矢車菊色の目が彼を見上げ、一瞬、メアリーの思考が止まったように見えた。その隙に、ライダーはやわらかな感触を思うぞんぶん味わったが、彼女の唇が引き結ばれ、目が細められると、彼は言った。「命を救ってもらったのに、まだ礼を言っていなかった」
 メアリーは細めかけた目を元に戻したが、その表情は、けっして彼を優位に立たせるつもりがないことを物語っていた。「お礼に何を要求するか、まだ考えていないの」
「わかった。決まったら教えてくれ。だが、いまはぼくの権利を行使させてもらおう。たとえば、こんなふうに」彼女の目を見つめたまま、ライダーはステッキを腿に立てかけると、手を上げて彼女のあごを上に向け、ゆっくりと、彼女にこの瞬間を期待する余裕をじゅうぶんに与えながら、顔を近づけて、このうえなくやさしくキスをした。
 はじめて彼の唇が触れた……。
 メアリーは体の奥深くまで、芯まで震えが走るのを感じた。焦らすような繊細な触れ合い――希望に満ちた夢の世界へといざなわれる。彼が唇を吸い、メアリーはその感触を味わい、またたく間にそれだけでは我慢できなくなった。
 ふたりとも、さらに互いを求めた。メアリーは自分から進んで唇を開き、彼が頭の角度を変え、すぐさま誘いに応じると興奮に打ち震えた。
 押し当てられた唇の力と熱を感じる。秘められた渇きと、その奥深くに隠された欲望を。どちらも、たしかにそこに存在した。メアリーはみずからを開き、彼に手を伸ばした。実際にはキスに身をゆだねているだけだったが、彼女はそう感じた。精いっぱい体を開き、手足を伸ばしていると。
 いままで経験したことのないほどの生命力を感じた。
 そう感じさせてくれるのがライダーだということに、メアリーは驚かなかった。彼は、自分とは比べものにならないほど経験が豊富なのだから。
 いまや彼の両腕が体に回され、メアリーはやさしく抱きしめられ、抱き寄せられていた。彼女はさらに彼に身を寄せ、顔を上に向けてはっきりと求めた。
 ライダーが満足しているのがわかる。
 やがて彼の舌が唇をなぞり、唇のあいだに割りこんできた。
 メアリーは頭が真っ白になった。
 ライダーは、もう長いこと足を踏み入れていなかった瀬戸際に追いつめられていた。このまま飛びこんで、彼女を自分のものにしたいという本能的な衝動が、ゆっくりと落ち着いて攻めるのが最善の方法だと心得ている恋愛戦術家の自分を圧倒しかけている。
 この触れ合いからどんな些細な意味をも引き出すと同時に、心ゆくまで味わう。あらゆるニュアンスを注ぎこめるほどゆっくりと。ふたりのはじめての口づけ。これから先、何度となく交わすなかで、互いの記憶に刻みこまれるキス。彼女はほぼ間違いなく、そしてこの瞬間は、彼自身の記憶にも刻みこまれていた。
 彼女が怖がることのないように落ち着いて。処女というのは、慣らされていない雌の子馬のようだ。男性に触れられ、味わわれ、最終的には彼を受け入れることに慣れる必要がある。彼のものとなることに。
 だが、メアリーは彼女自身のためにそうあるべきだということを明らかに理解していない。ライダーは欲望に飢えた自分をしっかり封じこめると、メアリーの甘美な唇の内側を舌でなぞり、彼女が口にした紅茶とハニービスケットを味わい、彼の内なる狩人が嗅ぎ分けた、無邪気な顔の下に隠されている秘めた情熱に感嘆する。そしてメアリーは、ひるむことなく大胆に彼の口に分け入った。
 その瞬間、ライダーは焼けつくような熱を感じた。もはや自制心が擦り切れる寸前だった。
 キスは、とつぜん熱くみだらな貪り合いとなる。
 めくるめく情熱と本能のままの喜びが激しく渦を巻く。
 ゆっくりではなく。落ち着いた状態とはほど遠く。
 ライダーは、めまいに耐えられる体ではなかった。全身の感覚が摩耗するあまり、そのまま光り輝く歓喜の世界に転げこむことはできなかった。
 メアリーが彼を吸う。それでもライダーは彼女を味わい尽くせない。
 彼女はセイレーンのごとく誘い、魅了し……。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。