マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

罠に落ちたシンデレラ【ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊版】

罠に落ちたシンデレラ【ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・ハミルトン(Diana Hamilton)
 イギリスの作家。ロマンチストで、一目で恋に落ち結ばれた夫との間に三人の子供をもうけた。就寝前の子供たちにベッドで読み聞かせるために物語を書きはじめる。ロマンス小説家としてのデビューは1987年、その後数多くの名作を世に送る。2009年5月、ファンや作家仲間に惜しまれつつ亡くなった。

解説

マディはアテネに住む親友の大邸宅で開かれたパーティで、海運王として名高い大富豪のディミトリと出会った。ギリシア人らしいエキゾチックな容貌とセクシーな魅力に、マディはいっぺんで恋に落ちる。それはディミトリも同様だった。彼はイギリスに帰国した彼女を追ってきてプロポーズした。マディはイエスと答え、未知の暮らしに心躍らせた。しかし、その幸せは長くは続かなかった。アテネの屋敷には彼の美しい幼なじみが待ち構えていて、面と向かってマディに切り出した。「彼がなぜあなたみたいな平凡な女と結婚したのかわかる?」

■〈ガラスの靴を探して〉――ヒロインたちに訪れる夢のようなシンデレラ・ストーリー。数々の名作を遺して2009年に亡くなったダイアナ・ハミルトンによる、ハッピーエンドまでの波瀾万丈な展開をどうぞお楽しみください。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 ディミトリ・クーヴァリスが突然現れた翌日は、申し分なくうららかな春の日だった。マディは目を細めて、森の中の細い小道をのんびりと歩いていく彼を見つめた。
 カジュアルなベージュのシャツが広い肩を、グレーのジーンズが引き締まった男らしい腰と長い脚を包んでいる。彼が目の前にいると、周囲の景色が目に入らない。あたり一面に生えているブルーベルの蕾がふくらんで今にも花開きそうだが、マディはちらりとも見たいとは思わなかった。ただ彼だけをむさぼるように見つめていた。
 昨夜、母親が誘うと、彼は夕食までとどまり、やすやすと家族に溶けこんだ。そして、友人を通してアテネでマディと出会ったこと、商用で近くに来たので立ち寄ったことを話した。
 信じようと思えば、彼の言葉を信じることができたかもしれない。しかし、それは彼が今朝再び現れるまでの話だった。彼は目を輝かせて、今日はまる一日あいていると言った。そして、だれから聞き出したのか知らないが、君には仕事がないのだから、このあたりを案内してくれないかと言った。さらに、夜には自分の泊まっているホテルに家族全員を招待すると言って、母親のいくらか疑わしげなしかめっ面を一瞬で消した。
 だが、マディはまだ疑っていた。
 信じられないくらいハンサムで、いやになるほど大金持ちで、美しいフィアンセがいるギリシアの海運王が、どうしてわざわざ平凡な造園家とその家族に会いに来たりしたのだろう? 私は今まで男性のセクシーな関心の対象になったことは一度もないけれど、それでも、まったく気づかないほどうぶではない。アテネで初めて会った日に、私を見る彼の目つきには気づいていた。マディはふっくらした唇を噛んだ。問題は、私も彼に関心を持っていることだ。良識は一キロくらい逃げるべきだと告げているけれど、私は彼に惹かれている。
 ディミトリは、広い草地の手前でマディを待とうと振り向いた。そのとたん、心臓の鼓動が速まった。つややかな巻き毛が彼女の卵形の顔を縁取り、魅惑的な唇がかすかに開いていた。豊満な体は、飾りけのないシャツと色あせたジーンズに包まれている。彼の前にはいつも、ブランド物のドレスに身を包んだ優雅な女性たちがうんざりするほど次から次へと現れたが、マディはそういう女性たちとはまるで違っていた。
 男性ホルモンが勢いよく体を駆けめぐりはじめる。ディミトリは、人口の半分を占める女性たちについて皮肉な見方をしていた。彼女たちは結局、僕の巨万の富しか目に入っていないのだと。それが今、目の前の女性を見て、体が激しく反応していた。こんなことは初めてだ。だが、その反応を抑えこむつもりはみじんもない。彼女が欲しい。必ず手に入れてみせる。そのためなら、命をかけてもいい!
「どうしてここに来たの? なにが欲しいの?」マディはあえぐように尋ねた。そんなに早足だったわけでもないのに、息を切らしていた。いや、むしろゆっくり歩いてきた。彼のせいだわ。彼はうろたえているマディの手を取って、唇に持っていった。彼女は身を震わせた。
 彼の熱い唇に指をなぞられると、マディは息をするのも苦しくなった。彼がささやくように言った。「本当のことを知りたいかい?」
 マディは意志の力をかき集めて彼の目を見た。「ええ」
 美しい金色の瞳を見たのが大きな間違いだった。まるで催眠術をかけられたように膝から力が抜けた。それと同時に欲望が高まり、シャツの薄い生地の下で胸が張りつめた。
 マディになにが起きたかはっきりとわかっているように、彼はたくましい手を彼女のウエストにかけて自分の方に引き寄せた。彼の高まりを感じて、マディは骨が砕けそうなほど強い衝撃を受けた。
 頭の警告と体の欲求の間で引き裂かれ、彼の言葉を理解するまでに少し時間がかかった。「僕は今月中にアテネに帰らなければならない。そのとき、君を連れていきたい。僕の妻として」
 その言葉をようやく頭が理解したとき、マディは正気を取り戻した。
 マディは彼から体を引いて叫んだ。「気でも違ったの? どうして私と結婚したいなんて思えるの? 狂気の沙汰よ。私のことなんかほとんど知らないのに!」それから彼女は目を細めて彼をにらんだ。「女性を口説くときはいつもそう言うの? 結婚するって約束するの?」
 彼がいきなり噴き出したので、マディはびくりとした。彼はマディに両腕をまわして抱き締めた。「君を初めて見たとき、僕の心と体が君が欲しいと思ったんだ。それを狂っていると言うのなら、確かに僕は狂っている。今夜、ディナーの席で君のお父さんにプロポーズする許可をもらおうと思う。それから、僕の持てる力のすべてを使って、君に受け入れてもらうようにしてみせるよ」
「あなた、どうかしているわ!」マディが震えながらそう言うと、彼は頭を下げてキスをした。
 そのあとのひとときは、マディにとっては天地がひっくり返るほどすばらしかった。その間、世界じゅうの美女の中からより取り見取りの彼のような男性がなぜ自分を花嫁に選んだのかというささいな疑問は、頭からすっかり消え去っていた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。