マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

シチリア大富豪の誤算

シチリア大富豪の誤算


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

わが身の潔白を証明すれば、愛する子供と引き離されてしまう。

亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、父親を名乗る男性が訪ねてきた。冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――世にも美しい琥珀色の瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「金だけ受けとり子供を連れ去るとは……きみはとんだ詐欺師だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、姿を消したらしい。それでも私にとって、姉が遺したこの子が唯一の肉親だもの。ジェマイマは愛する甥と離れたくない一心で、母親になりすまし、シチリアにある彼の屋敷へ同行するが……。

■ジェマイマを奔放な女性と勘違いしたルチアーノは、彼女がつつましく育った牧師の養女とも知らずに誘惑を仕掛けてきます。彼女の無垢な体を知っても依然“きみの純潔の値段はいくらだ?”と迫る彼の態度に、ジェマイマは傷つきますが、真実を言えず……。

抄録

 ルチアーノの口からかすれた笑い声がもれた。「大人げない男にいつもそうやって魔法をかけるのか? 意のままにまつげを震わせ、頬を染めて、うぶなふりをする? 率直に話そうじゃないか。そのほうが時間も無駄にならない。ぼくはうぶな女が好きじゃないんだ、ジェマイマ。奥手に見せたり、バージンを気取ったりする女はね。それよりも、女であることを恐れない女がいい……ぼくも一人の男だ。セックスがしたくなったら、はっきりとそう言う」
 ジェマイマは話についていけず、どこを向いて、なんと言えばいいのかわからなかった。バージンを気取っているわけではなく、本当にうぶで奥手なのだと認めることもできない。ジュリーはそんな控えめな人間ではなかったからだ。双子の姉にとって男性からの誘いは自慢の種だった。男性にちやほやされて恥じらうどころか、得意満面になっていた。一瞬、ジェマイマは姉のような自信があればいいのにと思った。容姿や魅力をさも当然のようにひけらかすことができたら。
“セックスがしたくなったら”?
 思わずジェマイマはもう一度彼を見上げた。黄金色にきらめく瞳に真っ向から見つめ返されると、体の芯から小さな興奮が駆け上った。そのせいで胸の先端がとがる。彼の持つ磁石のような力に引き寄せられ、強烈な男らしさをいやでも意識させられる。
「そのときは、ぼくも恐れずに行動する」ルチアーノは言い切った。彼女のうぶな芝居にかき立てられた血が猛獣のようにたけり、大柄なたくましい体のなかを駆け巡っている。彼はジェマイマに手を伸ばした。仮面をはぎ取るつもりだった。この期に及んで彼女もばかな真似をしている。本性はお見通しだというのに。
 ジェマイマは気を取り直し、なんとか動けるようになったが、少しばかり遅すぎた。慣れない部屋のなか、かじかんだ足でぎこちなく後ろに下がる。いつもは落ち着きも分別もあるほうなのに、さっきのあからさまな口説き文句にすっかり心を乱されていた。あれは本当に衝撃だった。刺激的でもあった。深く考えたくないことだが、うれしくてしかたがない。ルチアーノ・ヴィターレほどの華麗な男性に魅力的だと思われるのは。
 ドアまであと少しというときに、彼の手がジェマイマに届いた。ルチアーノはその手を彼女の肩にかけ、もう一方の手を顎まで持っていった。「追いかけっこは好きだ。その点は当たっているよ、|かわいい人《ピツコロ・ミーア》」
 彼はわけのわからないことを言っている。そんな話をした覚えもないのに。
「だが今、逃げるというのはどうかな」
 彼に見つめられ、ジェマイマはいよいよ身動きが取れなくなった。胸が張りつめ、息苦しくて喉が締めつけられる。ルチアーノ・ヴィターレがこのわたしを求めている? そう思っただけで、心が躍る。こんな美しい男性がこの世にいること自体、驚きだ。贅沢な黒髪、驚くばかりの瞳、非の打ちどころのない顔立ち――何から何まで魅せられる。
「目がうつろだ……」ルチアーノはささやき、金色のほつれ毛を彼女の額からなであげて耳の後ろにかけた。さらに身を寄せ、顔をうつむける。
「そう?」ジェマイマは彼の背丈やたくましさに気を取られてしまっていた。固い木のドアに腰を押しつけ、立ちすくむことしかできない。レモンを思わせるコロンの香りが鼻をくすぐる。そのすばらしいにおいに包まれ、下腹部がすさまじい熱を帯びた。
「ぼくが怖いのか?」ルチアーノがまた笑い、ジェマイマをどきりとさせた。「怖がってほしくないな……もう今は」
 彼の息が頬にかかり、ジェマイマはおののいた。長く力強い腿が彼女を圧迫し、硬く張りつめたものが腹部を突いてくる。この熱い触れ合いに、ジェマイマの全身は焼き切れそうなほどだった。彼は興奮している。わたしがそうさせたのだ……このわたし、ジェマイマ・バーバーが。化粧っ気もなく、魔性の魅力もなく、すてきな服も着ていないのに。
 人に言っても誰も信じないだろう。スティーヴンに裏切られて以来、こんな女らしい気分になったのは初めてだった。ルチアーノ・ヴィターレを惹きつけるほどの魅力が自分のどこにあるのか、さっぱりわからない。けれど天にも昇るようなこのひととき、そんなことはどうでもよくなる。彼がもう少しだけ頭を下げ、唇がそっと、ささやく感じにこすれ合う。これはわたしのために用意された瞬間だとジェマイマは思った。ずっとこれを待っていたような、狂おしい気持ちにさせられる。
 彼が長い指をジェマイマの髪に通し、頭を支えてさらに唇を押し当てた。ジェマイマが口を開けると、あとはもうルチアーノの独壇場だった。けれども、ジェマイマは途方に暮れるどころか、胸をはずませた。彼の舌が口のなかに入ってきて、ジェマイマの舌に絡みつく。彼女はこらえきれずに熱いキスを返した。新たな刺激が突きあげる。波となって興奮が襲い、頭の奥でいくら異を唱えても、その声はのみほされてしまう。今、彼女の体は隅々までひどく感じやすくなっていた。だからなのか、彼の手が服の上からこすっただけで胸の先端が張りつめ、うずきだした。もう一方の手がスカートを持ちあげ、腿をたどると、火のついた体は切なく焦がれた。情熱のキスに溺れ、耐えがたいほど五感が息づいて、腿のあいだがさらに激しく脈打った。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。