和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説ファンタジー

金緑の神子と神殺しの王 (2)

金緑の神子と神殺しの王 (2)

著: 六青みつみ 画: カゼキショウ
発行: 幻冬舎コミックス
レーベル: リンクスロマンス シリーズ: アヴァロニスシリーズ



解説

アヴァロニス王国より神子として召還され、異世界にトリップしてしまった高校生の苑宮春夏。神子として四人の王候補から次代の王を選ぶため『特別な交流』として性交渉をしなければならなかった春夏は、その成果をアヴァロニス王国の守護神・竜蛇にもその身を捧げる日々を送っていた。そんな中、ひたむきに自分のことを大切に扱ってくれる王候補の中の一人、ルシアスに心惹かれていく春夏だったが……。

【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

目次

金緑の神子と神殺しの王 2
あとがき