マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクインSP文庫

バレンタインの夜に【ハーレクインSP文庫版】

バレンタインの夜に【ハーレクインSP文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクインSP文庫
価格:400pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

バレンタインの夜、初めて訪れたロンドンのレストランで、ジョイは思いがけず大富豪マーカスと出会った。探るようなブルーの瞳に見つめられ、ジョイの背筋に震えが走る。有名人とはいえ、初対面の男性をこれほど意識するなんて……。彼からダンスに誘われたとき、ジョイは思いきって承諾した。田舎暮らしの地味な司書だって、少しくらい楽しんでもいいはず。踊りつつ不意に唇を重ねられ、ジョイは我を忘れて激しく応えた。するとその直後、マーカスは彼女をふしだらな女性だと思い込み、けわしい顔で侮蔑の言葉を浴びせかけてきた!
*本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のカバー替え版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「どうやってこのホテルがおわかりになったの?」ジョイは長い沈黙にそれ以上耐えられず尋ねた。
「それは簡単だった」マーカスはじっと立ったまま、そっけなく答えた。
 そのくらいは想像がつくはずだ、とマーカスは言っているのだ。考えられる唯一の説明は、私の泊まっているホテルがわかるまで、かたっぱしから電話をかけたということ。これから行くと前もって知らせなかったのはいかにも彼らしい。もし、そうしていたなら、ダニーとのさっきの場面は絶対になかっただろう。
 ジョイは体の前で手を組み合わせた。手がかすかに震えているのを隠すためだったが、手のやり場に困ったせいでもあった。こうして彼と向かい合っていると落ち着かない。昨夜、一緒に踊った男性とは別人のようだ。いま、彼の周囲には危険な雰囲気が漂っている。でも、それは人の理性を乱し、官能の世界に溺れさせるというようなものとは違う、別の危険だ。
「あの……ダニーはどこなの?」彼の居場所が気になったというより、何か話す必要があるからジョイは言った。だが、マーカスの顎がぎゅっと引きしまるのを見て、まずいことを言ったと悟った。
「いたたまれずに帰ったよ。当然だろう」マーカスは吐き捨てるように告げた。
 何が当然なものですか。ダニーはここにいて、私がこの場を切り抜けるのを助けてくれるべきだったのよ。でも、それはむなしい期待だとわかっている。ダニーはマーカスが怖いのだ。
「まあ、そう」ジョイは軽くうなずき、顔をそむけた。
「だが、きっと戻ってくるだろうよ」マーカスは蔑むように言い添えた。
 ジョイもそう思った。自分が去ったあと、私とマーカスの間にどんな会話がなされたかを、自分のことがどのように話されたかを知るために。それなら、私一人にマーカスの相手をさせず、ここに残っているべきだったのよ。
「ジョイ、なぜ嘘をついた?」マーカスの詰問するような口調にジョイは驚いて彼を見上げた。「君は結婚しているのか? そうなのか? ロンドンに住む人妻で、俳優の友人とちょっと楽しむために出かけてきたんだろう?」
 彼は蔑みを込めて言い、けがらわしげにジョイを眺めた。この人に私を非難する権利があって? 彼について新聞や雑誌に書かれていることが本当だとしたら、人を責める資格などないはずだわ。
「ご自分を基準にして人を判断なさらないでいただきたいわね」ジョイは緑色の瞳に怒りをたぎらせ、マーカスをにらみつけた。
 彼はいっこうに動ぜず、険しい目でジョイをにらみ返した。
「それはどういうことかな?」危険なほどおだやかな声だ。こういう時には警戒しなければいけない。
 でも、いまはそんなことはどうでもいいわ。勝手に押しかけてきて非難を浴びせるとは、いったい自分を何様だと思っているの? 彼自身、昨夜会って間もないのに私にキスしたじゃないの。私とダニーの間に何かあったと勝手に思い込み、それをとやかく非難できるような立場にはないはずだわ。
「既婚者、独身者を問わず、あなたの恋愛ざたは有名ですものね!」ジョイは映画界のゴシップなどに興味はなかったが、新聞や雑誌でいやでも彼の写真が目についていた。しかも、毎回違った女性と。それなのに、よくも私とダニーのことについて偉そうに批判できるものだわ。本当にあつかましい人!
 ああ、こんなのばかげているわ。ダニーとのありもしない関係のことで腹を立てるなんて、どうかしている。さっさと真実を告げてしまおう。そうすれば、早く帰るだろう。
 だが、口を開く前にマーカスはつかつかと部屋を横切り、ジョイの腕を痛いほど強くつかんだ。突然のこの行動にジョイはあっけにとられ、ただぽかんと彼を見上げた。
「そんなに有名なら、もう一人増やしてもどうということはないわけだ。そうだろう?」
 私のこと? 彼は……。
 ジョイに考えている暇はなかった。彼の頭が下がり、唇が押しつけられる。容赦なく攻め立てるその唇には、昨夜のやさしさはなかった。腰に腕が回され、強く抱きすくめられる。
 蔑みに満ちたキスがこのまま続けば、体を引いてその場でキスを終わらせただろう。だが、怒りにまかせて始まったキスから不意に荒々しさが消え、いとおしむようなキスへと変わっていった。マーカスは片手でジョイの顎を包み込むとそっと唇を重ね、舌先で温かい唇をなぞった。
 昨夜と同じ、すべてを忘れさせる甘い喜びにジョイは何も考えられず、キスが続くことだけを願っていた。骨がとろけそうな欲求にジョイは体を押しつけ、腕を彼の首に回した。
「ああ、ジョイ! きれいだ。本当にすばらしい」マーカスはジョイの喉にささやいた。熱い唇に体の芯が熱くなり、ジョイは身を震わせた。「それに、君が欲しい」マーカスはあえぐように言うと、頭を上げ、濃いブルーの目でじっとジョイを見つめた。その硬い頬には赤みがさしている。
 彼が求めているのがジョイにもわかった。彼の体にわき起こる緊張がわからないほど未経験ではなかった。そして、その欲望の炎はジョイの体の中にも燃えていた。二人の間の怒りは突き上げる欲望に変わっていた。ジョイはマーカスの肩にしがみついた。倒れるのを防ぐため、そして、その広い肩を感じ取るために。
 マーカスはジョイの顔を見つめた。「君も僕が欲しいんだ」彼はやがてうめくように言うと、再び唇を求めた。「ああ、ジョイ!」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。