マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

片思いの日々【ハーレクイン文庫版】

片思いの日々【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

冴えない顔に落ち着いた声、そして地味な服装が気に入られ、マチルダは村の診療所の受付係に採用されることになった。彼女は最近、父母と共にこの小さな村に引っ越してきたばかり。少しでも家計の助けになればと、面接を受けに来たのだった。マチルダの目に診療所のドクターはとても魅力的な男性に映った。だがマチルダは、母親にさえ不器量と言われるほどの容姿で、彼のような男性を惹きつける魅力がないことはわかっていた。だからマチルダは、この想いを隠そうと決めたのだ。案の定、働き始めた彼女をドクターはまるで無視した。

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 バスは古い城の建物に囲まれたターミナルから出ている。そこからかなりの距離を歩いてきたことを、マチルダはうっかり忘れていた。マッチウィンターロウ行きのバスはほかにないし、一週間に一本しか運行していない。乗り遅れたら、どうやって帰ったらいいのだろう。マチルダは駆けだしたが、買い物の包みを抱えているので思うように走れない。
 トリニティー病院の勤務を終えて帰路についたドクター・ラヴェルは、北通りから東通りに曲がったところでマチルダの姿に気づいた。通りの反対側のバスターミナルを前に、彼女はもどかしげに足踏みしながら信号が変わるのを待っていた。彼はターミナルに乗り入れ、バスの近くに車を止めた。ドアを開けて降り立ったときマチルダが走ってきた。
「時間に余裕をみなかったんだね?」彼は買い物の包みをとりあげ、マチルダを車に押しこんだ。
 息が切れていたので、マチルダはすぐには口がきけなかった。車が通りに出て流れに乗ったとき、彼女はようやく礼を言った。「ありがとうございます、ドクター。買い物をしていて、つい……」
「買い物は時間を忘れてしまうものだ」ドクターは同意したが、それきり口をつぐんだ。窓の外の景色を眺めながらマチルダは何か気のきいたことが言えたらと思った。
 村の近くまで来たときドクターが言った。「診察は一時間後に始まる。お茶はぼくの家で飲むといい。お母さんにはぼくから電話しよう」彼はつけ足した。「反論はなしだ。そうするのが賢明だよ」
 それは招待というより命令に近かったが、理にはかなっている。家に帰ったら、お茶を飲む時間はない。マチルダは礼を言い、車が玄関の前に横づけされるとドクターのあとについて家のなかに入った。
 マチルダはひと目でその優美さに魅了された。玄関ホールは鏡板張りで、中央には重厚な手すりのついた階段があった。ホールには床置きの箱形振り子時計が、その時計の正面にはサイドテーブルと二脚の籐の椅子が置いてある。テーブルには秋の花を生けた陶器の花瓶が飾られていた。
 マチルダはじっくりと鑑賞したかったが、ドクターに促されて歩を進めた。ホールの奥のドアからミセス・インチが姿を見せた。
「ミセス・インチ、お茶にしてもらえるかな? ミス・ペイジは家に帰っている時間がないんだ」
「すぐに支度します、ドクター。ミス・ペイジは化粧室に行きたいのではないでしょうか」
 長くいかめしい顔にかすかな笑みを浮かべ、家政婦はマチルダを化粧室に案内した。化粧室には洗面台の上のほかにもうひとつ、全身の映る鏡があった。マチルダは鏡のなかの自分を見てため息をついた。それから髪をとかして手を洗い、ホールに戻った。
 待っていたドクターがさっとドアを開いた。「さあ、こっちに、ミス・ペイジ」
 彼の態度は礼儀正しいけれどあまり温かみがないわと思いながら、マチルダは部屋に入った。
 裏庭を見渡せる張り出し窓のある明るく風通しのいい部屋だった。開け放たれたドアから、青々とした芝生とさまざまな秋の花や遅咲きの薔薇で彩られた花壇が見えた。ふさふさした毛の大きな犬が庭を駆けまわっている。
「まあ、犬を飼っていらっしゃるの?」
 マチルダはドアの方に行った。ドクターもあとに続く。
「ああ、サムというんだ。犬は好きかい?」
「ええ、落ち着いたら飼いたいと思ってます」
「犬はよき友人になってくれる。さあ、お茶にしよう」
 マチルダは薪が燃える暖炉のそばに座った。低いテーブルにはすでにお茶のセットが用意されていた。ドクターは彼女の向かい側の肘かけ椅子に腰を下ろした。
「お母さんに電話して、きみはここにいると伝えてある。お茶をついでくれないか?」マチルダがお茶をついだカップを渡すと彼は言った。「ターントンで買い物を楽しんだかい?」
「ええ」牧師館に父を訪ねてきた客たちをくつろがせるために上手に話を進めるこつを身につけていたので、マチルダはさっそく話をはじめた。ドクターは楽しそうに耳を傾け、会話ははずんだ。
 しゃべりながら、マチルダは控えめに室内を見まわした。ウィリアム・アンド・メアリー様式のゴブラン織の長椅子、凝った縁飾りのある三本脚のテーブルに象嵌細工のサイドテーブル、荘重な彫刻を施した十六、七世紀のものと思われるサイドボード。そうしたアンティーク家具と調和した座り心地のよさそうな椅子も数脚置いてある。壁紙はクリーム色の縞模様だ。その壁には絵が数点かけられ、額縁には銀の燭台がとりつけられていた。立派な部屋だが、温かみがある。二つめのスコーンを勧められ、マチルダは遠慮せずに手にとった。昼食が少なかったのでおなかがすいていた。
 スコーンを食べるマチルダを見つめているうちに、ドクターは彼女への興味がかきたてられるのを感じ、自分でもびっくりした。おなかをすかした子供が思いがけなくごちそうを与えられたみたいに、彼女はお茶を心から楽しんでいる。室内をちらちら見ていることも彼は気づいていた。自分はもう見慣れている部屋だが、マチルダはその美しさに感動した様子で、喜びに顔を輝かせている。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。