マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

眠らない月

眠らない月


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ヘザー・グレアム(Heather Graham)
 新作を出すたびニューヨークタイムズをはじめ数々のベストセラーリストに顔を出す人気作家。作品は15カ国語に訳され、発行部数は世界中で2000万部を超える。フロリダで生まれ育ち、大学では舞台芸術を専攻した。卒業してからは女優やモデルなどの職業を経験し、第三子出産後に執筆を始める。受賞歴も豊富で、テレビのトークショーに出演したり、雑誌で取り上げられたりするなど実力と人気を兼ね備えている。

解説

 ★ウォールデン・ブックス・アワード受賞! ヘザー・グレアムの新感覚サスペンス★
 長い歴史を誇る館、メロディー邸を継いだマットはうんざりしていた。最近、夜中に白い影を見たとか、危害を加えられたとか言う者が後を絶たない。周囲は幽霊だと騒いでいる。幽霊などいるわけはないが、悪意ある生きた人間の仕業ならなお問題だ。たまりかねたマットは調査を依頼した。やってきたのは調査員ダーシー。困ったことに、若く、目の覚めるような美人で、おまけに霊感が強いのだという。不審に思いながらも、マットは彼女から目が離せなかった。

抄録

 しばらくのあいだダーシーは歯をくいしばり、じっと彼を見つめつづけた。
「誰かがわたしの頭を殴ったわ!」やがて彼女はいらいらした声で言った。
「なんだって?」マットの態度が一変した。彼は歩み寄ってダーシーの顎に手をかけ、彼女の目をのぞきこんだ。「怪我《けが》をしたのか?」  ダーシーは頬と顎にマットの指を感じながらかぶりを振った。彼の体がすぐそばにあったが、身を引かなかった。「怪我はしていないわ。でも、ここに誰かがいたの。そして……その、どう言ったらいいか……ちょうど人間が消えてしまったような感じだったわ」
「本物の人間が?」
「ええ」
「クララのときとは違うな。クララは幽霊に頬をぶたれたと言った。きみは転んで……そう、つまずいてなにかに頭をぶつけたんじゃないのか?」
 マットの声には気づかわしげな響きと、それ以上のなにかがあった。彼は、ダーシーが昨日の午後に抱いたのと同じ、ある種の満足感を覚えていたのかもしれない。彼は幽霊の存在を信じていない。望むと望まざるとにかかわらず、屋敷には幽霊がついているというのに。だが、今回はマットが正しかった。本物の人間がバルコニーにいたのだ。
「誰かがいたわ。血肉を備えた人間が……今夜、ここに」ダーシーは言った。マットは身じろぎもしなかった。彼の肌の香りは濃密で、不思議な酩酊《めいてい》感をもたらした。ダーシーは動きたくなかった。マットの裸の胸に頭をもたせかけたかった。
 なぜかマットがいっそう近づいた。
 彼の指が羽根のように軽く彼女の髪をなで、続いてこめかみにふれた。「どこを殴られたんだ?」
「ええと……側頭部よ」
「こぶができているのか?」
 ダーシーは首を横に振った。「できていないと思うわ」
「めまいはどうだ?」
「しないわ」嘘《うそ》だった。しかし彼女が感じているめまいは、頭を殴られたのとはなんの関係もない。
「大丈夫か?本当に平気なのか?」
 マットの吐く息が彼女の額を愛撫《あいぶ》する。ダーシーの唇は乾ききっていた。彼女はうなずいたが、身動きしなかった。彼はまだ両手を彼女の頭に添えている。ダーシーの唇がマットの肌にふれそうだ。
「わたしなら……大丈夫」
 マットが再びダーシーの顎に手を添えて上を向かせ、目をじっとのぞきこんだ。彼の頬にはうっすらと無精ひげがのび、髪は寝乱れていた。その肉体が放つ熱で、夜はかえって冷え冷えと感じられる。筋肉のこわばりと息遣いに彼の緊張が表れていた。ダーシーは彼の鼓動を聞いた。自分の鼓動も聞こえた。
「こんなのはどうかしている」マットがささやいた。
「ええ、そうね」ダーシーは同意したものの、ふたりとも動こうとしなかった。微風はさらに涼しさを増して、ふたりのあいだに高まりつつある緊張に快さと、じれったくなるような興奮とをもたらした。
 やがてあたたかな息を耳たぶに感じ、ささやき声を聞いたとき、ダーシーの体内を熱い血潮が狂ったようにめぐりだした。
「きみはどうかしていると思うのかい?」マットがきいた。
「ええ、まったくどうかしているわ」ダーシーはささやきかえした。
 またもやマットの手がダーシーの顎に添えられたと思った次の瞬間、彼の口が彼女の口を覆っていた。それはゆっくりしたやさしいキス、互いに相手を知るためのキスとして始まったが、たちまち情熱に駆られた激しくむさぼるキスへと変わった。マットの両腕がダーシーの体にまわされて、ふたりの肉体が薄いネグリジェ越しに密着し、たくましい体の感触がじかに伝わってくる。ふたりの唇がぴったり合わさり、彼らは夜の外気のなかに立ったまま欲望に促されてキスをした。ダーシーが味わったことのない、たとえようもなく甘いキスを。彼の唇や歯や舌の動きが、来るべきものをほのめかしているようだ。こんなのわたしじゃないわ、とダーシーは思いながらも、露骨なほどの執拗《しつよう》さで彼の求めに応じた。これほど美味なごちそうは生まれてこのかた味わったことがなく、喜びのあまり気が変になりそうだった。自分がなにをし、なにを考えていようと、そしてまた彼がなにをし、なにを信じていようと、そんなことはどうでもよかった。明日という日さえも存在しなかった。マットに抱かれ、その口で情熱を注ぎこまれ、欲望にたぎる肉体を押しつけられていると、彼女をきりきり舞いさせて高みへと運んでいく、このすばらしい嵐《あらし》が最高潮に達するのを望むほかはなにも考えられなかった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。