マイリストに追加

和書>マルチメディア次世代ブック絵ノベル

【絵ノベル】伯爵の蜜戯〜男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ〜

【絵ノベル】伯爵の蜜戯〜男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ〜


発行: ヴァニラ文庫うふ
シリーズ: ヴァニラ文庫うふ伯爵の蜜戯〜男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ〜
価格:500pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

「怖がらないで――なにも恐れることなんてないんだ。全部俺に任せて、たくさん感じて」

■男爵家令嬢ロザンナは、二十歳になっても嫁げず、幼い兄妹の面倒を見て日々を過ごしていた。父である男爵が急死し、義理の母が父の残した財産を浪費に費やしていたからだった。傾いた家を建て直すため、美しい髪を切り落とし、伯爵家の門をたたく……。

身分や性別を偽り、メイジェベト伯爵家で執事として勤めることになるロザンナ。屋敷の主人であるクラウスは、男爵家が傾く前に従者として勤めていた青年だった。
屋敷で雇ってもらうことが決まり、執事として懸命に仕える。そんな彼女の屋敷での仕事はふたつあった。昼は執事として主人に誠心誠意仕え、夜は令嬢として、見目麗しい伯爵が満足するまで閨をともにすること。男爵家の借財を肩代わりする対価として、ロザンナは純潔を捧げるのだった。
熱を帯びた瞳で焦がれるように求めてくるクラウスに身も心もとろかされていく。毎夜のように繰り返される情事、めくるめく悦楽の最中で甘い睦言を囁かれ、身のうちが震えるほど、深い情愛に溺れる。だが、ロザンナには、クラウスの情熱的な求愛に答えられない事情があった。

秘められた過去は、ふたりの想いに大きな影を落とす……。(ヴァニラ文庫うふ)

※本作品にはイラストが収録されていません。

ヴァニラ文庫うふ『伯爵の蜜戯〜男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ〜』が絵ノベルで登場!


◆「絵ノベル」とは、イラストと文章を同時に見せると共に、デジタルならではの「スクロール動作」を取り入れ、読みやすさを追求した新感覚のコンテンツです。

※このコンテンツは必ずご購入前に閲覧可能か無料サンプルでお試し下さい。
無料サンプルを閲覧できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。