マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

冬きたりなば…【ハーレクイン文庫版】

冬きたりなば…【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

冬のさなか、病床にあったメグたち三姉妹の母親が亡くなった。家を売って、お金は姉妹で分けましょうという長女の提案に、ロンドンで華やかに暮らす、美しい末娘も大賛成。家を守り、母の看病に明け暮れていた次女のメグは気が重いが、自己主張が苦手で、一言も反論できないままだ。ところが、ふたを開けてみるとなかなか買い手がつかない。誰もこの家を買わないかもしれないわ――と思い始めたころ、長身のハンサムな医師が現れた。メグは胸をときめかせるが、彼は母のために家を探していると言い、メグを見もしなかった。
*本書は、ハーレクイン・クラシックスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 ミセス・カルヴァーとの約束のことは、まだ話す気になれない。メグは黙って受話器を置いた。ベッツィのことは、どちらも尋ねなかったから、もちろん話さずにおく。
 目的ができて、メグたちは家の掃除に力を注いだ。話を聞いたミセス・グリフィスも、今までどおり通ってくることに異議はなく、失業中の甥を庭師に使ってほしいと言いさえした。
 それからしばらくして、ミセス・カルヴァーから手紙が届き、弁護士にメグたちの雇用契約を正式の書類につくらせたこと、売買の手続きを急がせて、三週間以内に引っ越してくるつもりでいることなどを知らせてきた。
「よかったわね」メグは手紙を読み終えて、ベッツィに言った。「それにしても、カルヴァーっていう名前はどこかで聞いたような気がするんだけど、覚えはない?」
 その答えは、次の日に自分から歩いてきた。その日は春になったような錯覚を覚えるほど穏やかなひよりだった。メグは、少しほころびているもののまだ充分に使える居間のカーテンをつくろっていた。そこに一台の車が現れて、家の前に止まった。おりてきた男を見て、メグはすぐに誰だか思い出した。あんなに大きな人のことは、そう簡単には忘れられない。表のドアのベルが鳴り、ベッツィが出ていった。
 考え直して、家を買いたいと言いに来たのかしら。もしそうだったら、おあいにくさまだわ。メグはバスルームのパイプと暖炉を見た時の、彼の顔つきがまだ目に焼きついていた。きっととても安い値段で買おうとするに違いないから、きっぱりと拒否しよう。その時の向こうの顔が楽しみだわ。
 ところが事態は、予想とはまったく別の方向に進んでいった。ベッツィが男を部屋に案内してきて、「ミスター・カルヴァーがお見えです」と告げたのだ。彼女は部屋を出ていく間際に振り向いて、メグにウインクしてみせた。
 メグは戸惑いながら立ち上がった。「この家のことでいらしたんでしたら、すでに売れて……」と途中まで言って、言葉に詰まる。「カルヴァー……。ひょっとして、あなたはミセス・カルヴァーのご親戚か何かでいらっしゃいます?」
「息子です。ここを見に行くように、ぼくが勧めたんですよ。母の気に入ることはわかっていましたからね」彼はそう言ってから、眉をぴくりと上げた。「具合でも悪いんですか、ミス・コリンズ?」
「いいえ、あの、ちょっと驚いただけです。あなたのお名前をすっかり忘れていたものですから」
「きみは母のメイドとして、ここに残ることになったそうですね? いや、そんなふうににらまないでくださいよ。きみの邪魔をするつもりはまったくありません。それどころか、いい話だと思っているんですよ。ただ、このことだけは覚えておいてください。ケイトが――母のメイドが退院したら、きみと召し使いはここを出なければならない」
「ベッツィは召し使いなんかじゃありません! 彼女はずっとこの家にいて、古いお友だちみたいなものなんです」
 相手の眉が、またぴくりと上がった。「それは失礼。ところで、座ってもよろしいですか?」
 メグの頬がぱっと染まった。「ああ、申し訳ありません。どうぞお座りください。それで、今日いらしたのはどういうご用なんでしょう? わたしたちがここを出るという点についてはどうぞご心配なく。ちゃんと心得ておりますわ」
「一週間ほどしたら、家具が届くとお知らせにまいったのですよ。それから、今ある家具については、お好きなものをお取りになってけっこうです。新しいものが届くまでにどこかに片づけておいてください。屋根裏部屋はあるんでしょうね?」
「ええ、大きなものが三つあります。おっしゃるとおりにいたしますわ」
「それ以外の家具についてはきちんと価格を査定して、あとで小切手を差し上げます。それはさておき、この点についてごきょうだいと相談しなくてもいいのですか?」
「ええ。姉は結婚しておりますし、妹は忙しすぎてそんな暇はありませんから。ロンドンの病院で看護師をしているんです」
「で、きみは?」彼の声に初めて親しみがにじみ、メグは考えもせずに答えた。
「わたし? わたしは家事と料理しか能のない女なんです。だから、ほんのしばらくの間でも、ここに長くいられるのがうれしいんですわ」メグは相手のやさしげな表情をつかの間見つめ、「いけません?」と尋ねた。
「そんなことがあるものですか」男は腰を上げた。「さて、そろそろおいとましましょう。何かあったら、弁護士のほうに連絡をください」
 メグは彼を表のドアまで送っていった。彼が何か考え込んでいる様子なので、彼女は言った。「わたしがここにいるのがお気に召さないんでしょう? でも、そんなに長い間じゃありませんからどうかお許しください」
 彼はメグの手を取った。「それが問題なのですよ、ミス・コリンズ」彼の声は懸念に満ちていた。「では失礼します」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。