和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ガールズラブ小説

エステサロンは秘蜜の香り 恍惚の甘い刺激

エステサロンは秘蜜の香り 恍惚の甘い刺激

著: 水無月はな 画: ルシヴィオ
発行: オリオンブックス



解説

不動産会社に勤める優愛はこれといって美容に関心のないOL。ある日、高校時代の友人だった美華が営むエステサロンへ行くことに。数年ぶりに再会した美華は相変わらず、金の髪に碧い瞳の美女。そんな彼女に「ずっと好きだった」と告白される優愛。友人として好かれていると思った優愛は「私も好きだ」と言葉を返すものの、美華の真意は違っていた。彼女の柔らかな手に秘所をまさぐられる優愛。官能的な動きをする美華の両手。美華に性的な部分を激しく弄られ、優愛は戸惑うもののしだいに快楽の虜になっていく。攻めて、攻められて。ぬるついた甘い刺激に女性たちは互いの体をとろけさせる。

※この作品は女性のオナニーシーンやレズビアンシーンがあります。