マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

億万長者と疑惑の愛 三姉妹はシンデレラ

億万長者と疑惑の愛 三姉妹はシンデレラ


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス三姉妹はシンデレラ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

花嫁の私に向ける花婿のまなざしから、さげすみを感じるのはどうして?

これは運命? それとも、なにかのたくらみ? フィレンツェの大富豪リオとの再会に、エリーは我が目を疑った。地味でなんのおもしろみもない私に、彼はわざわざ会いに来たの? そう思うと、エリーは惹かれる気持ちをとめられなかった。だから、思いきって大切にしてきたバージンを捧げた。しかし無垢だと知ったリオは激高し、彼女は衝撃を受ける。災難にでもあったような口調で、彼はエリーをさらに追いつめた。“金めあての女でも、妊娠しているかもしれないから結婚はする。だが、赤ん坊ができていなければ離婚だ”と言って……。

■〈三姉妹はシンデレラ〉、3部作の2作目は次女エリーの物語です。本当は純朴な彼女の臆病な初恋は、疑い深いプレイボーイの氷の心をとかせるでしょうか? 長年、行方知れずだった三女ルーシーの物語、最終作『愛に屈したギリシア富豪』もどうぞお楽しみに!

抄録

 リオは、ダーリアにいたときと同じいらだちを覚えた。エリーの姉の結婚式の夜が大失敗に終わったのは、僕のせいではない。あのとき僕を非難したのは、エリーがひどく分別を失っていて、物事を公平に見なかったせいだ。しかし、僕は彼女に対して正直だった。だから顔をたたかれ、侮辱の言葉を浴びせられたのだ。
 リオはくるりと背を向けてドアを開けた。「心配はいらない。君が誘惑に負けたくなったら、僕が相手になってやる」
「私は誘惑に負けたりしないわ。あなたに会うのは、今日が最後だと思っていいのかしら?」リオが大股に部屋から廊下に出たので、なぜかエリーもつられて出た。
「ベッペを苦しめたり傷つけたりするつもりがないなら、僕を恐れる必要はまったくない。君がなぜトスカーナへ来た目的を言おうとしないのか理解できないが、いずれはベッペが僕に話してくれるはずだ」
 無関心を装って、エリーは細い肩をすくめた。「私にはどうだっていいことだわ」わざとのんきな口調で言い、深刻な問題があるのではないかと疑っているリオをがっかりさせようとした。
 しかし実際には、そうでもないようだ。エリーの不安そうな視線から、リオは彼女の本心を読み取っていた。エリーとベッペを結びつける秘密は、絶対に存在している。それがなんなのか想像すらつかないせいで、僕はますます不安をかきたてられているのだ。
 そもそも、ベッペはイタリアから出たことがなく、屋敷で過ごすのがなによりも好きな人だ。それならエリーではなく、彼女の母親のほうについて調べるべきだったのかもしれない。エリーがあまりにも興味をそそる対象だったので、愚かにも別の選択肢を見落としていた。
「どうだっていいなどと、君は思っていないだろう」リオはほんの少し彼女に近づいた。
 エリーは用心深く部屋のドアまであとずさりをした。「あなたにいちいち話すつもりはないわ」弱みを見せまいと、強い口調で言い張る。鮫が獲物の血を絶対に見逃さないように、ほんの少しでも私に隙があればリオが見逃すとは思えない。
「時と場合が変わればどうかな」熱くなったエリーの顎に、リオは浅黒く長い人さし指をやさしくすべらせた。
 つかの間の愛撫に、エリーは体の奥深くに眠る情熱の燠火の勢いが増したように感じた。けれど、他人に触れられることに慣れていないからにすぎないと、自分を奮いたたせた。もっとデートの経験を積み重ねておけばよかった。完璧な男性を求めず、神経質になるべきではなかったのだ。
 あやしげな炎が燃えているようなリオの目に、エリーはダーリアの結婚式のダンスフロアでも同じ目を向けられていたことを思い出した。ぎこちない動きでドアから離れ、安全な部屋の中に入ろうとしたものの、次の瞬間、リオの美しい唇がエリーの唇に押しつけられた。
 キスは車と車がぶつかったような衝撃をもたらし、エリーの全身にアドレナリンが駆けめぐった。体があっという間に生きている実感に満たされる中、彼女は両手をリオの髪に差し入れてつかんだ。まるで脱水状態に陥った人が渇きを癒やしたがるみたいにリオを求めるさまは、彼がいなくなったら死ぬしかないようだった。
 金切り声をあげたくなるほどの荒々しい欲求にたちまち支配された自分に、エリーは恐怖すら感じた。槍でつかれるようにリオの舌が口の中をさぐると、彼女の全身は感電したようにしびれてなにも考えられなくなった。目の前の男性はキスの仕方を知っていて、私が知らないすべてを理解している。残酷なほどつのる欲望にエリーの鼓動は速まり、体が震え、脚から力が抜けていった。
「エリー……」リオは彼女の腫れた唇にいかめしい声でつぶやき、押しつけた下腹部をかすかに揺らした。
 エリーを圧倒している欲望は、リオにも変化をもたらしていた。差し迫った欲求で硬くなった彼の体を服の上からはっきりと感じると、エリーは身を震わせ、けんめいに自制心を取り戻そうとした。どんなことが起こるのだとしても、相手がリオであってはいけない気がしていた。
 だが女性の扱いに慣れたリオは、キス以上の行為に進もうとしなかった。ゆっくりとわきあがった甘い苦痛が、しだいにさらなる先を情熱的に要求する。そのうち完璧な相手にめぐり合ったというように、エリーの細胞という細胞が喜びにわくと、太腿の間で脈打つ熱いなにかが、全身に広がっていた焼けるようなうずきと一つになった。
 ところが、金属製のバケツがタイルをこする音が響き渡ったとたん、リオは飛びのくようにエリーから離れた。エリーもリオの肩からどうにか手を離し、彼を押しやった。
 今度ばかりは、リオも気のきいたせりふは口にしなかった。ただ、怒りに満ちた目でエリーを見つめてから、くるりと背を向けた。
「また連絡する」彼は感情を押し殺した声で言った。
「できれば、もう会いたくないんだけれど」エリーは弱々しく訴えた。そして、綿のように力の入らなくなった足で部屋の中に戻り、ドアを閉めた。
 今起こった出来事を、繰り返し考えるつもりはなかった。たしかに間違いは犯したけれど、もうすんだことだ。くよくよ考えるのは、リオに任せておけばいい。
 これ以上自己嫌悪に陥ったり、後悔したりしてはだめよ。エリーは自分に強く言い聞かせた。女性を甘い声で誘惑して破滅させてしまうリオは、毒のような男性だ。でもそんなふうに考えるほうが、どうかしているのかしら?


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。