マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

シュヴァリエの宝石

シュヴァリエの宝石


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫ヒストリカル
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 15世紀初頭のウェールズ。反イングランドの戦いが激化するなか、ついに今日、ドリスルウィン城が国王軍の手に落ちた。陣頭指揮に立ったのは誉れ高き屈強の騎士ラウール・ド・シャレ、“シュヴァリエ”という異名を持つ、皇太子ヘンリーの忠臣だった。城の明け渡しと、城主リンの処刑を求めるシュヴァリエに対し、リンはとっておきの宝物を差し出し、命乞いをした。宝物とは、うら若き美女キャトリン。莫大な財産の相続人であり、あのデヴロー一族、ウェンステープル伯爵家の許嫁だという。これは願ってもない幸運――シュヴァリエの瞳が妖しく光った。

抄録

「どうかしたのか?」
 キャトリンは手短に説明した。
「ディネヴールの領地には雄牛も鹿《しか》も生息している。天候が回復したら、わたしたちで馬を走らせて、城代に祝宴のごちそうを分けてもらえないか頼んでみよう。そうだ、使者を出してもいい」
「いえ。雨は長くは続きません。じきに晴れますわ。わたくし、サー・グリフィズが戻られてから乗馬をたしなんできました。いっしょに遠出できたらうれしいわ。あと一週間待ってから、使者を出すかどうか決めましょう」
「わたしについてくるつもりか?」
「わたしたちで馬を走らせて、とさっきおっしゃいましたわ」
「別にそなたを指したわけではないよ、かわいい人だ。兵を一隊と、ルイがここの仕事をせずに済むなら彼も同行させる」
 キャトリンは、さきほどからの不愉快が限界に達した。ド・シャレがちかごろやさしくなったので、つい調子に乗って言いすぎてしまったわ。それに、わたくしをかわいい人ですって! 侮辱だわ。彼女の顔は真っ赤になり、やがて蒼白《そうはく》になった。彼はわたくしがからかわれるとかっとなることを知って、わざと言ったのだわ。
「またからかうおつもりですね、セニョール」彼女は声を荒らげた。「前に約束してくださいましたわね、馬に乗ってもよいと」
 彼女の判断力を鈍らせるもの憂げな笑みがド・シャレの口元に浮かんだ。「覚えているよ。だが、そなたをいっしょに連れていけば、お返しが期待できるのだね?」
「お返し?」彼女は思わずかっとなってきき返した。彼の言うお返しは、ひとつしかない。
「どうしてそんなに怒るのかな、かわいい人だ。キスは嫌いか?」
 キャトリンが気を取り直して答える前に、ド・シャレは前かがみになって彼女の唇に唇を触れあわせた。
 キスとも呼べないほどかすかに触れただけだったが、キャトリンはうっとりした。あえぎながらよろよろとうしろへ下がる。体を壁で支えないと立っていられそうになかった。どうかだれにも見られていませんように。大広間にはおおぜいの人がいるが、ほとんどは忙しく働いている。それにふたりが立っているところは暗がりだ。そうでなかったら、こんなところで口づけなどするはずがない。
「よくもそんなことを」キャトリンは激しい口調で言い、唇を触れあわせたことによって感じた興奮を怒りに変えた。
 ド・シャレは緊張もしないでにやついているだけで、キャトリンの抗議もまともに取りあわなかった。「またわたしが卑しい下心を持っているとでも言うつもりか、キャトリン」口調はおだやかだが、その声には危険な響きがある。「わたしがそなたの純潔を踏みにじる男だと思っているのか?」彼女はショックで息がとまりそうになった。それを見たド・シャレは、面白がってさらににやにやした。「もっと口のきき方に気をつけたほうがいい。この前はそなたが謝ったので許したが、こんどは許すかどうかわからないぞ。親愛の情をこめた挨拶《あいさつ》程度の口づけに、どうしてそんなに大騒ぎするのだ」
 親愛の情をこめた挨拶程度の口づけなどではなかった。それはふたりともわかっている。謝らないわよ。キャトリンは頭を持ちあげて、言いなりにはならないという強い意志を表した。「よろしければ、ほかに仕事がありますので、失礼しますわ」
 ド・シャレの笑みがあざけりに変わった。「ほかに仕事がある? 逃げるつもりか? 我慢にも限度というものがあるのだよ、キャトリン。リン・アブ・ブレクヴァがそなたにしたことを、そっくりそのまままねてもいいのだ。それとも、いっそリンのところに送り返してしまおうか?」
 心臓の鼓動が激しくなり、胃のあたりが痙攣《けいれん》して、猛烈な吐き気がしてきた。それでもキャトリンは屈せず、恐怖感も見せず、言いわけもしなかった。「辱しめを受けるよりはそのほうがましですわ、セニョール」落ち着き払って言い返す。「リンはわたくしを息子と正式に結婚させようとしたのですから」
「たしかにそうだ」ド・シャレは気取った言い方をした。その目があざけるように光っている。魅力的な目だ。キャトリンは視線をそらすことができなかった。「ダーヴィズはそなたの夫にぴったりだ。まだ幼くて、ベッドを共にすることができないのだからな」
 泣きたくないのに、目に涙があふれてきた。「ひどいわ」彼女はむせびながら言った。「わたくしをばかにしたり、からかったり。でも、わたくしにはそれをとめることができない」
「それがわかっていればいいのだ、かわいい人よ。だが、からかっているだけだということを忘れないように。もしわたしが本当にそなたを怒らせたのなら、心から謝ろう」
 キャトリンは興味を引かれて彼の目をのぞきこんだ。そっけない、自嘲《じちょう》するような言い方だけれど、あれが本心なのだわ。
 彼女も彼と同じくらいそっけなく言い返した。「謝ってなどくださらないくせに」
「わたしを怒らせなければいいのだ。さあ、こんなばかばかしい喧嘩《けんか》はやめにしよう」
 ド・シャレは手を差しだし、キャトリンにその手を取るよう目で命じた。
 それは仲直りの意思表示だった。戦友に差しだす手に似ている。彼女は無意識にその手を握った。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。