マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

「超」怖い話 戌

「超」怖い話 戌


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

喰らいつくせ。骨までしゃぶれ。これが実話の、恐怖の味だ! 
現実から削り取った唯一無二の実話怪談、人気の干支シリーズ最新作! 

山の〈護り木〉に自分と友人の名を彫った少女。その後少女は自殺し、遺された友人は……二部作「隠」「行」
開店まもない料理店に届いた謎のダンボール、異臭を放つその中身から不幸が始まる……「ガラ」
犬を轢き殺してしまった男に付き纏う飼い主らしき男の影、だがその男は既に死んでいて……「器物損壊」
不動産業を営むプロが直感でわかる違和感、それは……「職業的勘」他、不気味な後味を残す全28話を収録。
怪――こと霊に纏わる怪は、死から生まれたと言っても過言ではない。死から生まれる業の息吹。実話怪談とは、屍から拾い上げ、なお手の中で息づく恐怖そのものなのだ。

著者について
【著者】
○編著者
加藤一(かとう はじめ)
1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超−1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』、『「極」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。

○共著者
久田樹生 (ひさだ たつき)
1972年九州生まれ。2007年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 死人』『「超」怖い話 ひとり』など。

渡部正和 (わたなべ まさかず)
山形県出身、O型。2010年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 鬼門』『「超」怖い話 鬼市』など。

深澤夜(ふかさわ よる)
1979年栃木県生まれ。2014年より冬の「超」怖い話に参加。2017年より夏も兼任。主な著者に『「超」怖い話 鬼胎』など。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。