マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・イマージュ

咲かない薔薇 ベティ・ニールズ選集 20【ハーレクイン・イマージュ版】

咲かない薔薇 ベティ・ニールズ選集 20【ハーレクイン・イマージュ版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・イマージュベティ・ニールズ選集
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

蕾のままで手折られたこの想いは、いつか花開くのでしょうか……。

デボラは出会ったときからヘーラルトに恋をしていた。彼は優秀なオランダ人医師で、心から信頼できる理想の男性。でもみんなの憧れの的だから、わたしの恋は成就しそうもない。そのヘーラルトから、ある日突然、こう尋ねられた。「僕と結婚する気はないか?」呆然とするデボラに、彼は落ち着き払ったまま言い添えた。「深い感情は持ちたくない。形だけの妻が欲しいんだ」こんな冷たい申し出を、プロポーズと呼べるのかしら? すっかり落胆したものの、デボラの胸にはかすかな希望も芽生えた。たとえ片思いでも、愛する人とずっと一緒にいられるのなら……。

■超人気作家ダイアナ・パーマーも愛読する名作を、ベティ・ニールズ選集よりお贈りします。ダイアナの特別メッセージも巻頭に掲載。本作では輝く星が重要な役割を果たします。読み終えた後、夜空にベティの笑顔を思い浮かべたくなることでしょう。
*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 デボラは改めて彼をしげしげと眺めた。本当にハンサムだ。タキシードを着ると、いちだんとすばらしい。
 しばらくしてヘーラルトが言った。「僕は合格かい?」
 デボラはきょとんとしてから、恥ずかしそうにほほえんだ。「ごめんなさい。じろじろ見るつもりはなかったんです。ただ、その、手術室ではまともにスタッフの顔を見ることはありませんから」
 今度はヘーラルトがデボラを見つめた。「確かにないな。だから、僕はさっき間違いを犯した。君のことを颯爽としていると言ったが、そうじゃない。君は美しい」デボラは赤くなったが、彼は淡々と続けた。「だが、勘違いをしないようにしよう。僕は別にロマンチックな気分になっているわけではないし、君に恋してしまったわけでもないんだ、デボラ」その口調にはかすかに緊張が感じられた。
 デボラは努めて平静な声を出そうとした。「そのことは前にうかがいました。でも、別のだれかを愛してしまったらどうなるんです? あなたはまだ老人ではないんですから、ありうることでしょう?」
「僕は三十七歳だ。それに、妻のサーシャが亡くなってから、女性と多少のつき合いはあった」そこでデボラの表情を見て、ヘーラルトはかすかにほほえんだ。「正直なところ、惹かれた女性は何人かいる。ただ、好きにはならなかった。そこが大きな違いだよ。僕は君が好きなんだ、デボラ」
 デボラは飲み物に口をつけ、メニューに目を凝らして、ヘーラルトの口調を気にしないようにした。まるで仕事仲間にでも話しているみたい。でも、実際に私たちはそんな関係なのよ。彼女は憂鬱な思いを追い払い、前菜をキャビアに、メインを平目のクリームソース添えにした。そしてそのあと、彼がまた二人の問題を蒸し返さないようにと、たわいのない話を始めた。しかし、長くは続かなかった。デザートが運ばれてくると、彼はデボラの話をあっさりさえぎった。
「僕たちの結婚のことだが……すぐに式を挙げたら、君のほうはなにか都合の悪いことがあるかな? 僕はできるだけ早くオランダに帰りたいし、十日後にはクレア病院を辞める手続きをしてあるんだ。そのときに結婚すればいいと思っているんだが」
 デボラは口に運びかけていたフォークをとめた。「十日後に? それは無理です! 辞めるときは、一カ月前に通告しなければならないんですよ」
「ああ、それなら心配はいらない。僕がなんとかできる。君が反対する理由はそれだけかい?」
「あなたは私の家族にも会っていません」
「君の実家はサマセットだったね? オランダに帰る前に二人で行ってご家族に会おう。それとも、君は地元で結婚式を挙げたいかい?」
 あまりに事が早く運びすぎて、まるで激流にのまれていくようだった。「私は別にそんなことは考えていません」
「それなら、このロンドンでひっそりと式を挙げて、そのあと君のご両親に会いに行こうか?」
「両親を驚かすおつもりですか?」
「いや、なんでも君の望みどおりにするつもりだ」
 プロポーズされて十日後に結婚するなんて、異例だけれど名案かもしれない。「父は歴史家で、ほとんど仕事のことしか頭にありません。母は……なにがあっても驚かないでしょう。二人とも気にしないと思います。私もひっそりした結婚式のほうがいいんです。でも、教会で挙げたいわ」
 ヘーラルトは驚いた顔になった。「もちろんさ。僕はカルヴァン派だが、君はたぶん英国教会だろうね。だったら、その許可証を手配しておくよ。だれか客を呼びたいかい?」
 デボラは首を横に振った。便宜上の結婚に人を招くのはよくない気がした。でも、私の気持ちにうしろめたいところはない。彼を愛しているのだから。それに彼だって、理性的に考えて私に結婚を申しこんだのだ。しかも彼は、感情に流されずに結婚するほうがいいという自分の考えを私が受け入れたと思いこんでいる。あれだけ冷静な彼の心を奪うことができるのは、いったいどんな女性なのだろう?
 私じゃないのは確かだわ。
 コーヒーを飲んだあと、どこかへ行ってダンスをしようとヘーラルトに誘われ、デボラは喜んでうなずいた。
 ヘーラルトは〈サヴォイ〉へ連れていってくれた。二人はそこで一時間以上踊った。デボラはダンスが得意だった。彼も上手だった。彼女はシャンパンのせいで少し顔を赤らめながら、寮に送っていく前に軽い夜食をとろうというヘーラルトの提案を受け入れていた。寮の前に車をとめたのは午前三時近かった。彼は一緒に車から降り、デボラから鍵を取りあげてドアを開けてくれた。
「楽しい夜をありがとうございました」デボラはそう言うと、この大柄でもの静かな男性と結婚するのだと改めて自分に言い聞かせた。それも十日後に。急にパニックが押し寄せ、シャンパンとダンスのおかげで高まっていた幸福感を追いやった。彼女は視線を上げてヘーラルトの顔を見た。自分のさまざまな思いを伝えるつもりだったが、やはりシャンパンの酔いのせいか、考えがまとまらなかった。
 デボラにそそがれたヘーラルトのまなざしは、とてもやさしかった。「心配いらないよ、デボラ」彼は低い静かな声で言った。「突然プロポーズされたんだ、そう簡単にショックからさめるわけがない。朝になれば、なにもかもまたうまくいくさ。僕の言うことを信じてくれ」彼はデボラの頬にキスをした。まるで小さな子供をなだめるかのように。「明日、僕がオランダに発つ前に会おう」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。