マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクインSP文庫

妻という名の愛人【ハーレクインSP文庫版】

妻という名の愛人【ハーレクインSP文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクインSP文庫
価格:400pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

3年前、父が作った多額の借金を肩代わりしてもらう見返りに、マクシーはやむなく祖父ほども年の離れた富豪の愛人となった。実は見せかけだけなのに、周囲からは白い目で見られる日々……。老富豪が病に倒れた今、妻に返済を求められたマクシーに、彼らの甥であるアンゲロスから悪魔のささやきがもたらされる。代理返済しておいたと告げ、欲望の瞳で代償を求めてきたのだ!金のために身を売る女と蔑まれた屈辱に震えながら、夫となる人にしか身は捧げないとマクシーが断ると、彼は言った。「結婚しよう。但し、公の場で妻と認めることはできないが」
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 一台のリムジンが近づいてきて、マクシーの数メートル先で止まった。なめらかな身のこなしで車から降り立ったアンゲロスが、うんざりした表情でマクシーを見つめた。「さあ、乗って。まったく。雨が降っているときには雨宿りをすることも知らないのか」
「あとをつけてきたの?」マクシーは息をのんだ。
「ぼくには鉄道セットで遊ぶ趣味はないからね」
「わたしだって、なんでも自分のほうが上だと思いこんでいる自己中心的な人の車に乗る趣味はないわよ」アンゲロスの豊かな黒髪が雨に打たれてしだいにカールし、骨ばった頬を雨粒がクリスタルのように転げ落ちる。この人、わたしのために濡れているんだわ。ふと気づいて、マクシーはなんとなくいい気分になった。
「それじゃ、今後は改めるよと言いたいところだが、あいにく性格を変えることはできなくてね。ぼくはぼくだ」
 せっかく乗せてくれるというのに乗らないのもばかげてるわ。そう思い、マクシーはアンゲロスのわきを抜けてリムジンに乗りこんだ。彼の驚いている顔を見て、いくぶん胸がすっとした。
 大きな車が縁石を離れた。
「さっきは、あなたを怒らせてわたしのことをほうっておいてもらおうと思ったのよ」マクシーは本当のところを打ち明けた。
「だったら、なぜ車に乗ったんだい?」
 答える代わりに、マクシーはとっさにドアのほうへにじり寄った。だが車の外へ飛びだす前に、すばやく手首をつかまれた。リムジンは急に速度を上げた。
「自殺する気か?」アンゲロスが噛みつくようにどなった。
 マクシーは彼の手を振りほどいた。
 アンゲロスはやれやれとため息をついてスーツのジャケットを脱ぎ、いきなりマクシーの片手をつかんで引き寄せた。マクシーは不意を突かれた格好で、じたばたともがいた。
「いい加減にしないか!」アンゲロスの声がとどろいた。彼は、敵意などないことを証明するように大げさに両腕を広げてみせた。「ヒステリックな女性は嫌いだ」
「わたし……ヒステリックなんかじゃないわ」マクシーはうろたえた。その華奢な肩に、アンゲロスがジャケットをかけてくれた。シルクの裏地にまだぬくもりが残っている。ジャケットにしみこんだ残り香が、マクシーの鼻をくすぐった。アンゲロスのさりげない行為がもたらした官能的な雰囲気に、マクシーは動揺した。
「きみはまるで競走馬みたいに神経質だな。ぼくが近寄るたびに、三十センチは飛びあがる」なんともセクシーな声でおもしろそうに言いながら、アンゲロスは両手を伸ばし、マクシーの肩にかかったジャケットの袖越しに彼女を引き寄せた。
「やめてよ!」マクシーは両手を振りあげ、筋肉質の広い胸板をてのひらで押し返した。
「一度キスしてみて、いやならやめてもいい。条件はいっさいつけないから」アンゲロスがかすれた声で懇願する。
 マクシーは、シャツの上から触れただけで親密な感覚に襲われている自分におののいた。このままではいけない。彼女はうっとりしてしまいそうな自分に警鐘を鳴らした。「あなたなんかちっとも好きじゃないわ」
「証明できるかい?」
 甘く誘う声に、マクシーは指で背中をなぞられるような気がした。アンゲロスの自信に満ちた指が乾きはじめたマクシーの髪に忍びこみ、うなじのカーブをぴったりと支える。
「こんなすばらしい感覚が一方的なものであるはずがない。さあ、証明してくれ」
 アンゲロスはマクシーの背中に腕をまわし、ゆっくりと後ろに傾けた。そして待ち望む唇に自らの唇を押しあてた。
 その瞬間、マクシーはわれを忘れた。これまで経験したことのないキスだった。引きしまった官能的な唇が自分の唇に触れた瞬間、マクシーはアンゲロスをもっと近くに、肌よりも近くに感じたいと願った。血管が異常な速さで脈打ちはじめ、こみあげる衝動の命じるままに、彼の体にしがみついた。もっと、もっと……。
 そして唇が離れた。アンゲロスは瞳に称賛の色を浮かべてマクシーの顔を見つめている。美しい顔が情熱に浮かされたように紅潮しているのを確認して、彼はさらに男の優越感にひたった。
「さあ、おいで」かすれた声で彼は促した。
 マクシーはリムジンが止まったことにも気づいていなかった。アンゲロスは彼女の体をジャケットで覆い、肩を抱いて車から降ろした。冷たい雨と新鮮な空気を、マクシーは喉の渇きを潤す思いでのみこんだ。頭がくらくらする。無限のように感じられた何分かのあいだ、マクシーにとってリムジンの外の世界は存在しないにも等しかった。彼女は呆然としたままアンゲロスの力強い腕に身を預け、頭を寄りかからせた。
 ふいにアンゲロスの体がこわばり、何やら口汚い言葉をつぶやいてマクシーを背中にかくまった。驚いて見上げるマクシーの目に、逃げていくカメラマンの姿が映った。すると次の瞬間、リムジンの後ろにぴったりとついていた車から屈強な体つきの男が二人飛びだしてきて、カメラマンが道路を渡りきる前にとり押さえた。
 アンゲロスの肩からほっと力が抜けた。「大丈夫、フィルムはボディガードが引き抜いておくから、ぼくたちの写真が日の目を見ることはまずないさ」
 マクシーはめまいのする思いで、ボディガードが実際にフィルムを引き抜くのを眺めていた。
「ここは?」気がつくと、二人はエレベーターのなかにいた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。