マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・スポットライト・プラス

ホテル・インフェルノ

ホテル・インフェルノ


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・スポットライト・プラス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リンダ・ハワード(Linda Howard)
 アラバマ州の小さな田舎町で生まれ育ち、現在もそこで夫ギャリーと暮らす。"ロマンスの女王"と呼ばれ、ニューヨークタイムズやUSAトゥディのベストセラーリストの常連。アメリカのロマンス小説部門でさまざまな賞を獲得し、日本でも女性読者の熱狂的な支持を受けている人気作家である。6人兄弟の2番目として生まれ、幼いときから読書を好んだ。初めて創作を手がけたのは9歳のとき。それ以来、自分の楽しみのために物語を書き続けていた。地元の短大に進学したが中退。その後はトラック運送会社に勤め、17年間にわたって経理関係の仕事に携わる。24歳のときに結婚し、同時に、夫の先妻の子である3人の母となった。1980年、思い切って原稿を出版社に送ったことをきっかけに、ついにプロの作家としてデビュー。30歳のときであった。その非凡な才能が世に認められ、1986年からは作家業に専念している。1998年には『マッケンジーの山』で、ハーレクイン社の読者コンテストでベスト作品賞、ベストヒロイン賞、ベストヒーロー賞の三冠を獲得している。その他、『炎のコスタリカ』などの作品がある。

解説

 「どうやら、きみには予知能力があるようだな」カジノ・ホテルの経営者はオフィスに連れてこられたローナに言った。ローナは生まれながらに備わった数字を先読みできる能力を使い、カジノを渡り歩いて日々の生活費を稼ぐ身の上だった。不正を働いているわけではないが、今回は儲けすぎたのかもしれない。警備主任に目をつけられ、経営者の前に突き出されてしまった。でも、ダンテと名乗るこの男は、とても普通とは思えなかった。即座に彼女の特殊な能力を見抜き、得体の知れない強烈なパワーで迫り、心の内を探ろうとする。ローナは逃げ出したい思いに駆られながら、必死に自分の心をガードしようとしていた。その男ダンテが、超能力を持つレイントリー一族の長だとも知らずに。
 ★ベストセラー作家リンダ・ハワードが、ついにスポットライト・プラスに登場! 三部作『光と闇の覇者』の一作目を飾ります。超能力を駆使して、千年にわたる宿敵アンサラ一族に挑むダンテ。新たな闘いの幕開けを告げる、人気作家の新作をお見逃しなく。★

抄録

 石鹸の泡。
 ちらちら光る泡……。手についた泡を見ているうちに、ローナは思い出した。あのとき……なにかがわたしのまわりを包んで……。
 そう、それは、ちらちら光る泡のようなものだった。がんがんする頭のなかで、あざやかな記憶がよみがえり、ローナは思わず涙ぐんでしまった。わたしはあのとき、自分の目ではっきりと見たのだ。ふたりを煙と熱から守ってくれた、泡のように透き通った壁を……。
 そのあと、本当に頭が破裂しそうな衝撃に襲われた。あれほどすさまじい衝撃は、いまだかつて経験したことがなかった。列車に轢《ひ》かれたり、隕石《いんせき》に直撃されたりしたら、あんな感じがするかもしれない。その瞬間、ローナは脳細胞が溶けてなくなったような錯覚におちいった。あたかも、自分という存在のすべてが奪われ、支配されて、利用されたような気がした。それなのに、わたしは生まれたての赤ん坊のように無力だった。わたしのすべてを奪いとった男に抵抗することも忘れ、激しい痛みに翻弄《ほんろう》されていたのだ。
 ばらばらになっていたローナの記憶の断片は、一瞬のうちにひとつにまとまった。あたかも、ジグソー・パズルの最後のピースが、あるべき場所におさまったかのように。
 ローナは、はっきりと思い出した。あのときわたしは、言いようのない恐怖と、身動きできないもどかしさを感じていた。ダンテはそんなわたしからすべてを奪い、利用したのだ。
 ローナの失われた記憶は完全によみがえった。
「いつまでトイレにこもっているんだい?」キッチンのほうから、ダンテが呼ぶ声がした。「用を足したら出てくるんだ、ローナ」
 ローナは操り人形のようにふらりと立ちあがり、両手を石鹸だらけにしたままトイレから出たが、ダンテへの怒りはおさまりそうになかった。ダンテはキッチンで険しい顔をして待っていた。自分の意志とは関係なく、足を一歩ずつ前に踏み出すたびに、ローナの怒りはさらにつのった。
「人でなし!」ローナは大声をはりあげてダンテの前を通り過ぎながら、そのかかとに蹴りを入れたが、そこから数歩前に進んだところで、見えない壁に突き当たったように足を止めた。ローナは回れ右をしてふたたび歩きだし、ダンテのわき腹を肘で一撃した。「最低だわ!」
 ローナの肘鉄をくらっても、ダンテはさして痛がりもせず、驚いたような顔をしただけだった。それがローナの怒りをいっそうかき立てた。ふたたび見えない壁に行く手をはばまれると、ローナは新たな怒りをたぎらせ、ダンテが築いた見えない壁のあいだを行ったり来たりしはじめた。
「あなたは燃えさかる炎のなかへ無理やりわたしを連れていったわ――」ローナはダンテの腹に目にも止まらぬパンチをお見舞いした。
「わたしは火が怖くてたまらないのよ。それなのに、あなたはわたしの気持ちなんか、これっぽっちも考えてくれなかった!」そう言いながら、ダンテの膝を蹴りつける。
「わたしは火の海のなかで、あなたがわけのわからないおまじないかなにかをするのにつき合わされるはめになったわ――」ローナはダンテのみぞおちをこぶしで殴りつけた。
「それからあなたは、わたしに精神的なレイプをしたのよ。この人でなし、野蛮人、いかれたまじない師――」今度はダンテの腎臓のあたりにパンチをくらわせた。
「あげくの果てに、あなたはわたしの腰に欲望のあかしをぐいぐい押しつけてきたわ!」ローナは激高してわめきながら、渾身《こんしん》の一撃をダンテの顎にお見舞いしようとした。
 ところが、彼女のパンチはダンテにあっさりガードされてしまった。ローナは悔しまぎれに彼の足を踏みつけた。
「痛い!」ダンテが笑いながら言った。彼は電光石火の身のこなしでローナの体をとらえると、自分のほうへぐいと引き寄せた。ローナは抗議しようとしたが、ダンテの唇に口をふさがれてなにも言えなくなってしまった。
 今まで強引なやり方で彼女を支配してきたにもかかわらず、ダンテのキスは羽根のように軽く、穏やかで、優しささえ感じられた。「すまなかった」ダンテがつぶやき、もう一度ローナにキスをした。彼も煙と煤のひどいにおいがしたが、真っ黒に汚れた服に覆われた体は岩のようにがっしりしていて、たくましかった。エアコンのきいた室内にいるせいか、彼の体がやけに温かく感じられた。「きみにはひどいことをしてしまった……。だが、あのときは事情を説明している暇がなかったんだ」ダンテは言葉の合間にキスをしつづけた。最初はさりげなかった口づけが、しだいに濃厚になっていく。
 衝撃のあまり、ローナは身じろぎひとつできなかった。まさか、ダンテにキスされるとは思わなかったのだ。自分がおとなしく彼の口づけを受けていることもショックだった。ついさっきまで、ふたりはお互いへの敵意をむきだしにしていた。今夜、さんざんな目に遭わされたローナは怒りを爆発させて、ダンテにパンチや蹴りをお見舞いした。ダンテは今、彼女を抵抗できない状態にしてキスしているわけではなかった。ローナは彼のたくましい胸に両手を置いていたが、彼の体を押しのけようとはしなかった。そうしたいと思う気持ちもなかったのだ。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。