マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

眠れぬ珊瑚礁

眠れぬ珊瑚礁


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ヘザー・グレアム(Heather Graham)
 新作を出すたびニューヨークタイムズをはじめ数々のベストセラーリストに顔を出す人気作家。作品は15カ国語に訳され、発行部数は世界中で2000万部を超える。フロリダで生まれ育ち、大学では舞台芸術を専攻した。卒業してからは女優やモデルなどの職業を経験し、第三子出産後に執筆を始める。受賞歴も豊富で、テレビのトークショーに出演したり、雑誌で取り上げられたりするなど実力と人気を兼ね備えている。

解説

 かつて貴族令嬢と船乗りの悲恋の舞台となった哀しくも美しい島、カリオペキー。ベスはそこで家族たちと楽しい週末を過ごすはずだった――頭蓋骨を見つけるまでは。思わぬ発見に動揺しているところへ男性が現れたため、彼女はとっさに頭蓋骨を落ち葉で隠した。キースと名乗るその男性に不審を抱きながらも、ベスは彼の魅力に心をかき乱される。だがその後、隠したはずの場所に戻ってみると、頭蓋骨はあとかたもなく消えていた。楽園に漂いはじめた不穏な空気……。真相を突きとめようと動き出したベスの身に新たな恐怖が忍び寄る。

抄録

「おい、聞いているのかい?」キースが困惑したように尋ねた。
「えっ、ええ……もちろんよ」
「それで?」
「それでって、なにが?」
 キースは眉をつりあげた。「家だよ。きみは家を持っているのか?」
「あら! 持っているわ。テラスハウスをね」
「どこにあるんだ?」
「ココナッツグローブよ。ヨットクラブの近くなの」
「それはいい」
「気に入っているわ」
「しかし――」
「なんなの?」
「ココナッツグローブは危険な地区だと聞いたことがある」
「人が大勢住んでいる場所はどこも危険がつきものだわ。あなた自身も言っていたように、島々をヨットでまわることにだって危険はあるでしょう。だけど、マイアミの評判が悪いことはたしかね。住んでいる人々はいい人たちだけれど。ほかの都市でも似たり寄ったりじゃないかしら。麻薬に手を染めているのならともかく、町で麻薬密売組織の元締めと出会うなんて、まずあり得ないわ」突然、ベスは頭を振ってマグカップに視線を落とした。「あなたは簡単な質問をしただけなのに、わたしったら長々と説明しているわね。わたしが質問したときには、簡単な答えしかもらえないのに。ひょっとしたら問題があるのはわたしのほうかしら」
 予想に反して、キースが笑い声もあげず、にやりとさえしなかったので、ベスは拍子抜けした。彼はきまじめな顔をしてベスを見つめていたが、やがて手を伸ばして彼女にふれた。そっと、あくまでもなにげなく、人差し指の先で顎に軽くふれただけだ。「きみに問題があるなんて少しも思えないよ」キースは穏やかな声で言った。
 やはりそうだ。この瞬間にわたしは立ちあがって口にするべきなのだろう、“もう行くわ”と。
 だが、ベスはそうしなかった。キースがソファの肘かけから腰を浮かせて彼女の横に座った。風と海と潮がまじりあった彼の香り、太陽の熱を放射している肌、全身から放たれる力強いエネルギー。ベスはキースのとりこになって身じろぎもせずに待った。
 キースはサングラスを外し、黒檀《こくたん》のように暗く、深い淵《ふち》のように謎《なぞ》めいている目をあらわにした。彼はベスを長いあいだじっと見つめつづけた。またもや彼女は立ちあがってその場を去るべきだと思った。さもないと、今にもキースが立ちあがってこの瞬間を終わらせてしまいそうな気がした。
 だが、ベスは動かなかった。キースの指が彼女の髪のなかへすべりこみ、うなじにあてがわれる。そしてとうとう彼の唇がベスの唇にふれた。じらすような熱い息がかかり、やがてキースの口が彼女の口に押しつけられた。ベスは避けようとも抵抗しようともせず、魅惑と発見の海へ漂っていった。彼女が腕を持ちあげて両手をキースの肩に置くと、彼の肌にふれただけで指先の鋭い感覚が呼び覚まされた。キースが深く激しくキスをしてくる。ベスは体が熱を帯び、欲求がわき起こるのを感じた。
 キスをやめたのはキースのほうだった。彼はわずかに身を引いてかすれた声で言った。「きみはもう戻らなくてはならないと言うべきなんじゃないか?」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。