マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

ときめきの丘で【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

ときめきの丘で【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

掃除、洗濯、買い物、食事の支度……家事のいっさいをこなしながら、セリーナはこの数年間、病人を決めこむ気難しい父の世話をしている。ある日、少しだけ休息を求めて近くの丘にのぼると、いつもは誰もいない頂上に、見知らぬ男の人がいた。年上の彼は初対面なのになぜか親しみが湧き、つかの間ではあったけれど、セリーナは純粋な幸福感をおぼえた。それからすぐに父が心臓発作で倒れ、主治医の友人として現れたドクター・ファンドーレンを見て、彼女はあっと驚いた――彼こそ、丘の上でセリーナの胸をときめかせた、あの男性だったのだ!

■やがて父の遺言により家が慈善団体に寄付され、身を寄せる場所を失うセリーナ。兄夫婦のもとでこき使われる日々が始まると、そんな彼女を、陰になり日向になり守ろうとする人物が……。けなげなヒロインと大人なヒーローの恋を描く“切ないシンデレラ”企画第3弾!

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「私、散歩に行ってくるわね。せっかくのお天気のいい朝だから……」
「病気の父親を家に一人きりにしてかね」
「あら、私が食糧の買いだしに行ってる間も一人でしょう? 電話はベッドの脇だし、気が向いたらいつでも着替えて出かけられるのよ、お父様」セリーナはドアへ向かった。「コーヒーの時間までには戻りますから」
 庭いじりに愛用しているくたびれたジャケットをはおり、丈夫な靴を履き、ひとつかみのビスケットをポケットに入れて家を出た。バロウ・ヒルは近くに見えて実際にはだいぶ遠いが、昼までにはまだたっぷり時間がある。セリーナは村へ行く道をはずれて家畜止めの垣根を越え、冬まきの小麦畑の脇の小道をたどった。
 高木と灌木が茂るゆるやかなのぼり坂を、のんびりした歩調で進んだ。羊が鳴き、小鳥がさえずっている。澄みわたった青い空にふわふわした小さな雲が点々と浮かんでいる。しばらく足を止めて空を眺めた。なんて気持ちのいい朝だろう。思いきって家事をほうりだしてきてよかった。帰ったら父はさぞかし不機嫌だろう。だが、今のこの幸福感を壊すことは誰にもできないのだ。
 最後のひとのぼりはかなりの急勾配で、道はうっそうと下草に覆われていた。やがて突然視界が開け、円形の平地に出た。周囲の田園風景が一望のもとに見渡せる。普段はめったに人が来ないのに今日はめずらしく先客がいた。セリーナのとっておきの場所の大きな岩で、知らない男性が一人のんびりとくつろいでいる。
 セリーナが石でごつごつした地面を慎重に歩いていくと、足音に気づいて男性が立ち上がった。かなりの長身で、肩幅も広くてがっしりしていた。カジュアルなツイードのスーツを着ている。ハンサムだが、それほど若くはないようだ。四十に近い三十代だろう。セリーナはおはようございますと挨拶したあと、彼が立っている岩をちらりと見た。
「やあ、おはよう」彼はにこやかに答えた。「君の岩に不法侵入してるかな?」
 セリーナはびっくりして慌てて言った。「いえ、そんな。でもここへ来たときはいつもその岩に座ってます」
 彼はほほえみ、セリーナも笑みを返した。男性の笑顔は、彫りの深い険しい顔立ちからは予想できないほど穏やかだった。高い鼻、重たげなまぶたの奥の青い瞳、薄い唇、意志の強さをうかがわせる顎の線。どことなく近づきがたい雰囲気がある。
 セリーナがいつもの岩に腰を下ろすと、彼は少し離れた木の切り株に腰かけた。「ここで誰かに会うとは思わなかったよ」彼が気さくな口調で話しかけてきた。「かなりきついのぼりだからね」
「ええ、ここへはめったに人が来ません。村の住民の大半は毎日ヨーヴィルへ仕事に出ますし。夏になればたまにピクニックをする人もいますが、車で来られない場所ですからそう頻繁には……」
「それは君にも言えそうだね」
 セリーナはうなずいた。「ええ。来たくてもしょっちゅう来られるわけじゃありません」
「君もヨーヴィルで仕事を?」
 彼のたずね方がとても自然だったので、セリーナの警戒心もゆるんだ。「いいえ、家にいます」
 彼はセリーナの膝の上の、荒れた小さな手を見て思った。暇を持てあました家事手伝いの娘とは違うな、と。
 セリーナは彼の視線に気づいて淡々と言った。「家事をしながら父の身の回りの世話をしてるんです」
「それでしばしの逃亡を企てたのかい?」
「ええ、まあそんなところです。それに今日は誕生日なので……」
「それはおめでとう。君にとって幸福な一日でありますように」セリーナが何も答えずにいると彼はつけ加えた。「今夜は盛大な誕生パーティーかな。それとも家族だけで静かに祝うのかい?」
「いいえ。兄たちはそれぞれ家庭があって別の場所に住んでますから」
「ああ、なるほど。じゃあプレゼントが郵便でどっさり届くんだろう」
 セリーナはそっけなく相槌を打った。彼は話題を変えてこのあたりの土地について話を始めた。耳を傾けるうちにセリーナの心は徐々になごみ、彼に地元の歴史や建造物について説明した。
 やがて腕時計を見て彼女は立ち上がった。「そろそろ帰らないと」彼にほほえみかけた。「お話しできて楽しかったです。村での滞在を心ゆくまで楽しんでらしてください」
 彼も立ち上がって別れの挨拶を口にした。彼が村まで一緒に戻ろうと言わなかったことに、セリーナは少しだけがっかりした。
 本当に嬉しいひとときだった。なんだか彼が古くからの友人のように思えた。でも私、ちょっとしゃべりすぎじゃなかったかしら。セリーナは急ぎ足で丘を下りながら心の中であれこれ反芻した。気にすることないわ。彼はここへ旅行で来たそうだから、もう二度と会うことはない。そういえば発音がどことなく外国人らしかった……。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。