マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

恐怖箱 魍魎百物語

恐怖箱 魍魎百物語


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 恐怖箱「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

家庭教師の教え子の姉らしき女性、親は存在を隠そうとしているが…「家庭教師」
その歯科医が廃業した理由、患者の口内に見た恐るべきものとは…「歯科の話」
ホテルの部屋から見えた乳母車を押す女性。その夜、部屋のドアがノックされ…「赤ちゃん」
小学校の焼却炉、ゴミを捨てに行くと見知らぬ子がかくれんぼしようと誘ってきて…「焼却炉の子」
一家の守護霊と思しき白装束の女性。彼女が初めて発した言葉とは…「説教」
首都高を走行中、奇妙な8人組が背後に迫ってくる…「スリップストリーム」
ほか、恐怖箱の人気作家4人が綴る現代の百物語。

魑魅魍魎のごとく、有象無象の恐怖が跋扈する!

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。