マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

狂おしき再会【ハーレクイン・セレクト版】

狂おしき再会【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

ビッキーは一人で小さな宿を経営しながら幼い双子を育てている。ある日、知人から、辣腕実業家ジェイを宿に滞在させてほしいと頼まれ、喜んで受け入れたものの、彼をひと目見るなり早くも後悔し始めた。強く惹かれて、落ち着かないのだ。私はいったいどうしてしまったの?初めて会った人なのに。
動揺するビッキーをよそに、ジェイは子供たちとすぐにうちとけ、ついには彼女にプロポーズしてきた。戸惑いながらもジェイとの将来を描き始めたビッキーは、やがて彼が何者かを思い出す。若き日にたった一度犯した過ち――ジェイは、子供たちの父親……。

■大人気作家ペニー・ジョーダンが描く、重厚な大人のロマンスをお贈りします。ヒロインが9年間隠し通してきた秘密。魅惑的なヒーローが彼女の前に現れたのには理由があったのでしょうか?愛憎相半ばするヒロインの想いは、はたしていずこへ?
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 私はどうしてしまったの? 身を起こし、顔にかかる髪を手で払いのけてビッキーは考えた。私は知らない男性にしか関心が持てないのだろうか。女なら誰でも思わず見るような、男らしいオーラを放つ男性にしか興味が持てないのだろうか。これまで考えるのを自分に禁じてきた思いが、ビッキーの心に広がる。
 双子の父親には会ったときから惹きつけられた。彼の顔は、ぼんやりとしか覚えていない。浅黒くて、とても男らしかった。そう、とても。ひと目見て胸をえぐられるような強烈な印象を受け、強く惹かれたことを今も覚えている。それが性的な欲求だということに、まだ十八歳だった私は気づかなかった。彼の腕を体に回されて踊るのがただうれしくて、自分に何が起こっているのかを冷静に考えることもできなかった。でも今は二十七歳になっている。十年近くたってその分賢くなったとも思えないけれど。急に自己嫌悪の念が押しよせ、ビッキーは体を走るぞっとするような感覚を忘れようとまた仕事に戻った。
 ジェイの車が帰ってきたとき、ビッキーはにわとりに餌をやっていた。にわとりたちは雪を嫌って小屋から出ようとしない。
 初めて明るい中で館を目にしたジェイは、この家が野原の中の一軒家なのを知って驚いた。雪は早くも家の敷地を白く染めている。ビッキーの姿を認めた彼は、立ちどまって彼女を観察した。色あせたジーンズ、長靴に厚いセーター姿。遠目には十代にしか見えないが、体を起こすと豊かな胸のふくらみやすっきりとした横顔が大人の女性であることを物語っている。風が吹いてカールした髪が頬にかかった。毛糸の帽子をかぶっている彼女に化粧っ気はなく、頬が寒さでピンク色に変わっている。
 ビッキーはジェイがこれまで知っている女性たちとはまったく違う人種だった。きらびやかに着飾り、派手な化粧をしたこれまでのガールフレンドたちとは比べものにならないほど地味だが、ジェイは自分が誰よりもビッキーを求めていることを自覚した。もちろん、ジェニーを除いては、の話だが。
 これまで彼は、少しでも興味を持った女性をことごとくジェニーと比べてきた。
 顔を上げたビッキーは、ジェイに見られていることに気づいた。寒さとは関係のない震えが全身を襲い、力が抜け、次には全身が熱くなった。雪を背景に立つジェイはことさら浅黒く見え、男っぽさが際立っている。距離は離れているが、彼の口元を見るとそれが自分の唇に重ねられることを想像せずにはいられなかった。そしてビッキーはそんな自分にショックと怒りを覚えた。
 私は生まれて初めてどうしようもなく人を好きになった少女のような空想をしている。どうなっているのだろう。見ず知らずの他人も同然の彼に抱かれたくて体が勝手に熱くなったり寒くなったりする。恐ろしいことだった。常軌を逸している。ジェイが近づいてくるのを見てビッキーは急いで餌の入っていたバケツを取りあげ、楯のように体の前に抱えた。ジェイはそれに気づいて唇を硬く引き結んだ。僕はどうしてしまったのだろうか、と彼も自問していた。彼女が僕を避けるのは歓迎すべきことのはずだ。三人も子どもがいる未亡人とかかわるなんてとんでもない。僕らしくもない。
「電話がありました」
 近づいた彼にビッキーが言った。「レーヌという方から。電話番号は知っているはずだから電話してもらいたい、と」
 それで彼女は僕を警戒したのか。心のうちでレーヌを呪って、ジェイはその場に立ちどまった。三人の子持ちだというのに、臆病な子鹿のように見えるこの女性はいったいどんな人なんだろう。いや、僕が勝手に過剰な想像をしているだけだ。働きすぎかもしれないな。しかし仕事だけが僕の生きがいなんだから。ジェニーに婚約を破棄されてから初めて、ジェイは仕事を次々に広げていく以外にも人生の意味はあるかもしれない、と考えた。そうだったとして、どうなんだ? もう一度嘲笑するように自分に問いかけながら、彼はにわとりの世話をしているビッキーの背中を見つめた。古い館、三人の子どもたち、これまでにないほど僕をそそるこの女性。
 ばかな、そんなはずはない――ジェイは頭に浮かんだ考えを振り払った。さっさとレーヌに電話して話をしよう。現実と向きあえばこんな妄想も振り払えるだろう。
 昼食時になると雪は五センチ以上積もり、しかもますます激しくなってビッキーを不安にさせた。大きなぼたん雪がピンクがかった灰色の空から容赦なく落ちてくる。
 ジェイ・ブレントフォードの姿は朝戻ってから見ていないが、昼食をどうするかをききに行かないわけにはいかなかった。
 玄関ホールに出ていったとき、電話が鳴った。双子の通う学校からで、大雪になるかもしれないので生徒たちを一時間後に帰宅させる、という知らせだった。スクールバスが運行するということだ。
 となるとバス停まで迎えに行かなければならない。ビッキーは足早に二階に向かった。ジェイの部屋の前に立つとためらいと、興奮と敵意に似た感情がまざりあった奇妙な感覚が彼女を襲い、動揺させた。
 ノックをしたとたんにドアが開いた。ジェイの黒髪は指をつっこんでくしゃくしゃにしたように乱れている。セーターを脱いでいるので、ビッキーを招き入れて背を向けたウールのシャツの下に、背中の筋肉がはっきりと見えた。ビッキーは妙にそわそわし、今までにない不思議な感覚を覚えてぼんやりと彼の背を見つめた。ジェイが振りむくと急に口の中がからからに乾き、彼を意識せずにはいられなくなった。自分の声が聞こえなくなるほど大きな音で心臓が高鳴っている。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。