和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説同級生

ずっと、愛してた嘘

ずっと、愛してた嘘

著: 花川戸菖蒲 画: 皇ソラ
発行: 二見書房
レーベル: シャレード文庫



解説

いいな。よく似合うよ。首輪

大学生の悠人は、かつて自身をブタ扱いしていた同級生・日下叡一に五年ぶりに再会する。だが叡一は悠人のことをすっかり忘れたように口説いてきて…

一目でわかった。日下叡一。この五年間、忘れたことはなかった。なのに、お前は忘れているの?――瞬間、王子様のような甘い美形に成長した悠人は、爆発しそうな怒りをなんとか堪えた。そして気づいた、叡一の熱っぽい瞳。微笑みの下、悠人は残酷な仕返しを思いつく。夢中にさせて、ぐちゃぐちゃに踏みにじってやる。理想を演じ、蕩けるような笑顔を向け、体も差しだし……。やっと望みを果たしたかに思えたが、皮肉にもさらに最低な関係が始まり……。

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

■ ずっと、愛してた嘘
あとがき