マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

非情なウエディング【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

非情なウエディング【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

「あなたの身代わりとなって、見知らぬ人と結婚しろというの?」双子の妹からの頼みに、アリッサは仰天した。相手は石油富豪、セルゲイ・アントーノヴィッチ。彼が期間限定の花嫁を求めていると知った妹は、高学歴の姉の名をかたって応募したところ、首尾よく面接を通り、すでに多額の契約金も受け取ったらしい。だが、妊娠中だから、アリッサに代役を頼みたいというのだ。「これで、お母さんは家や店を手放さなくてすむわ」母を助けるため、契約金にもう手をつけたと聞き、アリッサは観念した。その契約には、“子をもうける”という条項があるとも知らずに……。

■本作は、2010年に年間最高ヒットを飛ばした、大作家リン・グレアムの名作です。大富豪との間に交わされた契約が切れたら、我が子を手放すことに――厳しい選択を迫られたアリッサの運命やいかに?

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 小柄でか弱い感じのアリッサがサッカーコートに立っている姿を思い浮かべ、セルゲイはありえないと納得し、横柄な態度で指を鳴らした。
 すぐさま戸口でうろうろしていたウエイターが飛んできた。彼が注文したのはピンクのウォッカだった。やがて背の高いボトルが運ばれ、グラスにつぎ分けられた。アリッサは黙ってグラスを受け取った。ききたいことが山ほどある。質問は喉まで出かかっているが、ここで無知をさらけだすと、身代わりだとばれてしまう恐れがある。彼女はお酒をすすり、顔をしかめないよう努めた。
「ウォッカも嫌いなのか?」アリッサがソファの端に背筋を伸ばして浅く座り、彼と距離をおいているのが、セルゲイは不思議でならなかった。
 期待外れと言われたも同然だとアリッサは感じ、のけぞってグラスを一気に空けた。まるで炎をのみこんだようだ。焼けただれた喉は、もう二度と元には戻らないだろう。また新たなボトルとグラスが二つ運ばれてきた。
「これを試してごらん。もしかしたら、こっちのほうが口に合うかもしれない。スコットランド製だ」セルゲイがゆったりした口調で言った。
「もういいわ。あまりたくさんは飲まないの」アリッサは二杯目を受け取るまいと、空のグラスを握りしめていた。
「飲めるうちに飲んでおいたほうがいいよ」
 アリッサは返事に窮した。どういう意味かしら? 妻となったら、もうお酒を口にするのは許されないの? そのとき、室内にいた男性たちが急に叫び声をあげ、続いてテレビからも大歓声が聞こえてきた。アリッサは画面に目を転じた。
「点が入ったのね?」アリッサは会話を続けようと、明るく言った。「すごいわね……」
「アリッサ、ゴールを決めたのは敵のチームだよ」セルゲイは穏やかに指摘した。
「あら……」アリッサは頬を真っ赤に染めた。
 セルゲイはソファの端を握りしめている小さな手に長い指をからませ、アリッサを引き寄せた。
「何をしているの?」アリッサはうろたえた。
 セルゲイは頬にかかった金髪をそっと払ってやった。彼女の目は見開かれ、呼吸は速くなっている。媚びを売っているわけではない。男性経験の豊かな女性が示す反応でもない。おもしろい、とセルゲイは思った。「何をしていると思う?」
 まばゆい金色の炎をたたえた黒い瞳と視線が合った瞬間、アリッサは体の奥深くが妙に締めつけられ、戸惑いつつ体の位置をずらした。身を離そうとしても、やめてと言っても、この男性は挑戦状をたたきつけられたと受け止めるだろう。胸の頂が痛いほど硬くなり、アリッサは切れ切れに息を吸い、両膝をぴたりと合わせた。我が身が彼に反応しているのはわかっている。頭は違うのに。波となって押し寄せるこの欲望に頭脳がまったく無力なのが、アリッサには腹立たしかった。
「君はとてもセクシーだ」セルゲイはささやき、ラズベリー色に彩られた豊かな下唇の輪郭を長い指でたどった。芳香を放つ体がすぐ隣にあるのを意識し、飢えた下腹部が激しく反応する。「今夜、ぼくの家においで。待つこともないだろう?」
 アリッサは淡い青緑色の目をさらに見開き、気持ちを悟られまいと急いで目を伏せた。ほんの数分前に会ったばかりなのに、結婚式前にわたしが喜んでベッドをともにすると思っているのかしら? 彼はそれを期待しているの? “待つこともない”とはそういうことだ。今アレクサが隣に座っていたら、この男性の首を絞めているだろう。妹はこの男性といったいどんな契約を交わしたの? 替え玉と悟られずに、彼の気持ちをうまくそらせるとは思えない。
 あたりの空気が張りつめた。アリッサが必死に考えを巡らせている間に、セルゲイはさらに引き寄せ、大きく形のよい口を彼女の唇に押しつけた。砂糖よりも甘く、炎よりも熱いキスだった。ほっそりしたアリッサの体内で火花が散り、連鎖反応のように全身に広がっていく。キスでここまで体が反応したのは初めてで、その激しさにアリッサはショックを受けた。セルゲイが舌で口をこじ開け、中へと入ってきた。舌で探られる感触はなんとも官能的で、奔放な喜びに体が震え、脚の付け根が鈍くうずいて、体温がさらに上昇していく。アリッサは彼の豊かな黒髪に指をうずめた。もっと彼に近づきたい。がっしりした体に我が身を押しつけたい。
「申し分ないよ、|かわいい人《ミーラヤ》」セルゲイはアリッサから身を離し、真っ赤になった顔を、そして焦点の定まらない瞳を満足げに見つめた。実に情熱的な女性だ。彼は自分の腕の中で自制心をかなぐり捨てる女性が好きだった。セルゲイは、小柄でみずみずしいこの女性がベッドに身を投げだすさまを思い描いた。疑念をいだき始めていた結婚が、今では待ち遠しい。少なくとも、妻を妊娠させる過程は実に楽しみだ。
 アリッサは戸惑い、目をしばたたいた。彼にこんなキスを許し、しかもやめさせようとしなかった自分が信じられない。
「試合が気になる」セルゲイが言った。今この世で大切なのはサッカーの試合だけだと言わんばかりに。
 アリッサはテーブルからボトルを取り、彼の頭を殴りつけたかった。わたしよりサッカーのほうが大事だというの? 腫れあがった唇を固く結び、アリッサは甘くささやいた。「わたしが好きなのは、しかるべきときにちゃんと優先順位をつけてくれる人よ」
 どの女性も彼の心を射止めようと必死になるという事実さえなければ、セルゲイは皮肉を言われたと察しただろう。
 セルゲイは視線をテレビに戻した。「試合が終わったら、下のナイトクラブに行こう」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。