マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ スペシャル

幼すぎた愛は ワイオミングの風

幼すぎた愛は ワイオミングの風


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツスペシャルワイオミングの風
価格:900pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・パーマー(Diana Palmer)
 シリーズロマンスの世界で今もっとも売れている作家の一人。総発行部数は4200万部を超え、ニューヨークタイムズを含む各紙のベストセラーリストにもたびたび登場。かつて新聞記者として締め切りに追われる多忙な毎日を経験したことから、今も精力的に執筆を続けている。ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる。家族は夫と息子の三人。

解説

ずっとあなたを愛してた。愚かな夢だとわかっていても。

高校を卒業して働きだしたコーリーには憧れの人がいた。ひとまわり以上も年上のJ・C・カルホーン――ハンサムで大人の魅力あふれる彼からデートに誘われ、コーリーは夢見心地でイエスと言った。独身主義の彼に言われるまま、親の反対を押し切って同棲を始めた。目もくらむほどの幸せの果て、コーリーは小さな命を授かった。だが長期出張から帰ったJ・Cに妊娠を告げようとすると、なぜか彼は激昂した。君の浮気相手から、その話はもう聞いていると。J・Cはコーリーを真冬の寒空に放り出し、嫌悪もあらわに吐き捨てた。「君の顔は二度と見たくない。僕にとって君は存在しない人間だ」

■ロマンス界の巨匠ダイアナ・パーマーの大人気シリーズ〈ワイオミングの風〉の最新作をお届けします。本作のヒロインが恋に落ちたのは、前作『涙の初恋』で複雑な過去を匂わせていた孤高の男J・C・カルホーン。一筋縄ではいかない愛の顛末をお楽しみください。

抄録

 コーリーを自宅まで送る間も、J・Cは彼女の手を握っていた。彼はコーリーに惹かれていた。同時に怖じ気づいてもいた。もしこのまま突き進めば、厄介なことになるだろう。今すぐに手を引くべきだ。コーリーは心を僕に差し出そうとしている。僕にはそこまでの気持ちはない。自由を手放すことはできない。
 J・Cは玄関まで彼女についていった。「なかなかいい映画だったな」
「ええ、面白かったわ」コーリーはうなずいた。しかし、映画の内容はまったく覚えていなかった。
 J・Cは彼女を振り向かせた。ポーチの明かりが彼のしかつめらしい表情を照らしていた。一分ほど沈黙したあと、彼は言った。「終わらせられないことを始めるのは賢明とは言えない」
 J・Cは関わりを望んでいないということね。落胆しつつも、コーリーは無理に笑顔を作った。「それでも楽しい夜だったわ。食事も、映画も」
 J・Cはうなずき、彼女の頬に手を当てた。「君は保守的な家庭で暮らし、堅い職場に勤めている。僕はそうじゃない。僕は危険な生き方を……」
 コーリーは彼の唇に指を押しつけた。「もういいわ、J・C。わかっているから」
 J・Cはその指をとらえてキスをした。しばらく押し黙ってから口を開いた。「君はちゃんとした女性だ」
「ありがとう」
「今のは褒めたんじゃない」
 コーリーは笑った。
 一つ深呼吸をしてからJ・Cはかぶりを振った。彼女はパズルだ。
 自らの衝動を抑え込むために、彼はコートのポケットに両手を押し込んだ。頭を傾け、灰色の目を細めて、コーリーを見据えた。「僕が何を考えているかわかる?」
「私におやすみのキスをしたいけど、私が中毒になるといけないから、急いで車に乗り込んで帰ろうと考えている」コーリーは淡々と答えた。
 J・Cは眉を吊り上げた。自分の考えをほぼ完璧に言い当てられて、落ち着かない気分になった。
 コーリーは笑った。「今、私のことを魔女だと思ったでしょう」
 J・Cはほうっと息を吐き出した。
「そして今は、ショックを受けている。いいのよ。そういう反応には慣れているから。カーク三兄弟の一人は霊能者と結婚したわ。彼女は私よりはるかに高い能力を持っているの。職場でもみんな彼女を恐れてオフィスに入ってこようとしないくらいなんですって」
「僕は予言者なんて怖くない」
「ただ気味が悪いと思うだけよね。普通、そういう能力は隠しておくものだから」
 J・Cは笑ってかぶりを振った。「参ったな」
「私も人前ではその話をしないようにしているわ。依頼人が逃げ出したという理由で解雇されたくないもの」
「それは得がたい才能だよ」
「そうかもしれないわね」コーリーは相槌を打った。しかし、彼女の表情は晴れなかった。
 J・Cは目を細くした。「君には見たくないものも見えるんだね」
 コーリーはうなずいた。「愛する人たちに悪いことが起きるときは、先にそれがわかるの」彼女は悲しげにつぶやいた。「お祖母ちゃんが死んだときもそうだった。彼女にも同じ力があったのよ」
「彼女は君の未来をどう言っていた?」
 コーリーは両手でバッグをもてあそんだ。「私の人生は過酷なものになるって。私は最悪の決断をして、その代償を支払うことになる。結婚はするけれど、それは愛のための結婚じゃない。数年間は悲劇につきまとわれるけど、最後は幸せをつかみ、充実した人生を送れるって」
 J・Cは驚いた。彼が祖母から聞かされた予言とよく似ていたからだ。
 彼の考えを読んだかのようにコーリーは続けた。「妙な話よね? だって、私がお祖母ちゃんから言われたのとほぼ同じことを、あなたもあなたのお祖母さんから言われたわけでしょう?」
「ああ、奇妙な偶然だ」
「でも、二人とも口からでまかせを言っていただけって可能性もあるわ」コーリーは微笑した。「予言なんてだいたいはそんなものよ。私は未来のことはまったくわからないの。何かよくないことが起こる前に悪寒がして、うつろな気分になるだけ。それもたいていはパパに関係したことね」
「僕にはそういう経験はないな」
「あなたはラッキーよ」コーリーは彼の引き締まった顔を探った。「J・C、あなたは過酷な人生を送ってきた。聞かなくてもわかるわ。顔に出ているもの。大きな苦しみと……」
「そこまでだ」J・Cが硬い表情で遮った。
「私、立ち入りすぎちゃった?」コーリーは微笑した。「ごめんなさい。私は口に足を突っ込んでおくべきね」
 その表現がおかしくて、J・Cは笑った。
「今夜は楽しかったわ。ありがとう」
 彼は肩をすくめた。「ああ、楽しかった。でも、今夜限りにしよう」
 心の痛みを隠して、コーリーはうなずいた。
「僕に白い柵は似合わない。その柵にどれほど魅力的な付属品がついていたとしても」
 一瞬、コーリーにはその意味が理解できなかった。理解できたとたん、彼女は笑った。「オーケー」
「君は頭の回転が速いな」
「それほどでもないけど」コーリーはため息をついた。「楽しい夜だったわ」
「ああ、楽しかった。おやすみ」
「おやすみなさい」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。