マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

伯爵の華麗なる復讐【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

伯爵の華麗なる復讐【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 シルヴィア・アンドルー(Sylvia Andrew)
 英国の有名カレッジで長く副校長を務めていた。初めて小説を出版したのは一九九一年、ハーレクイン・ミルズ&ブーン社からで、以来、主にヒストリカルを執筆している。男性に求めるのは高潔さだと語り、政治家にそれを求めるのは難しいとも。四十年以上連れ添った夫と愛犬と共にイングランド南西部に暮らす。

解説

沈黙の乙女を拾った冷酷な伯爵。数奇な運命と切ない愛が交錯し――

アンボーン伯爵は旅先で、囚われの娘を買い取った。かわいい従妹をたぶらかして捨てた男への意趣返しの道具として。まったく口をきかないその娘をパーディタと名づけると、領地に連れ帰って、さっそくレディ教育を開始した。出会ったときには痩せ衰えていた彼女は今やすっかり回復したが、依然として言葉を発しないうえに、反抗的な態度を見せている。伯爵はいらだちを禁じえなかった――パーディタに、そして、彼女の美しい顔、魅力的な瞳、恍惚とさせる唇に気づいた自分に。ある夜、とうとうキスに及びながら、彼は悪魔のようにささやいた。「だが、わたしはおまえのすべてを軽蔑している」

■じつは上流社会で生まれ育った令嬢のヒロイン。そうとは知らず、レディ教育を施すうち、憂愁の調べを奏で、優雅にワルツを踊ってみせる彼女に、伯爵はなすすべもなく惹かれていきます。心を閉ざした囚われの美女と冷たき伯爵の、切なくも絢爛豪華な恋絵巻!

*本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「マダム・デスペリはおまえの狙いについてわたしより寛容だ。しかし、おまえの知性については、わたのほうが高く評価していると思う。おまえに好奇心が湧いてきたよ。わたしは、おまえに深い企みがあるのかどうかと自問してみた。もしあるとしたら、信じられないほど無謀だ。それは言っておく」
 パーディタはそわそわと足を踏み変えた。あまりに核心に迫っているので落ち着かなくなった。伯爵に背を向けたが、引き戻された。
「そうなのか? 今夜のショーはその大計画の一環なのか? まさかパシャのもとに送り返されたいわけじゃあるまい? それともシークのところに戻りたいのか? 答えろ!」
 伯爵はいらだちを募らせた。パーディタは突然、勝利感が込み上げてくるのを感じた。つかの間、彼女のほうが優位に立った。わたしが彼に身の上を話すのはもっと待たせてからにしよう。パーディタの唇が小ばかにしたようにゆがんだ。莫大な財産や権力の持ち主であるわりには、なんと簡単にこの独裁者をいらだたせることができたのだろう!
 しかし、伯爵は彼女の反応を見逃さなかった。彼女の傲慢さに激怒した。彼が人形のようにパーディタを揺さぶると、ちりちりの巻き毛が肩に垂れ下がった。「ちくしょう、その沈黙の裏に何があるんだ? 言え、このあばずれ!」
 伯爵の顔は怒りで蒼白になった。あまりの激怒に、パーディタの高揚感は恐怖に取って代わられた。思わずあとずさったが、すると自尊心が頭をもたげた。無理して落ち着き払い、彼を見上げる。
 それでも伯爵は彼女の恐怖に感づいたらしく、自己嫌悪の表情で背を向けると、苦々しく言った。「船の男たちはおまえを魔女と呼んでいたが、わたしにもそう思えてきた。おまえはわたしを野蛮人のようにさせる。海賊のように」伯爵は一瞬押し黙り、再びパーディタを振り向いた。「おまえには何か秘密がある。わたしはそれを探り出すつもりだ。だが、今夜はもう遅い。わたしにはイギリスに発つ前にすることが山ほどあるんだ」
 伯爵にドアのほうへ導かれるとき、パーディタの手が震えた。
 伯爵は不意に言った。「わたしを怖がる理由はないはずだ、わたしに正直に応対すれば。でも、おまえは正直になれるのか?」伯爵が彼女の顎をつまんだ。永遠とも思えるほど長く。パーディタは伯爵の目に魅せられた。心の奥底まで見透かすような目だ。それが陰りを帯びた。またしても、つかの間だが気づかれたという感じがした。伯爵がゆっくりと頭を下げ、ためらいがちにキスをした。パーディタは意志の力でじっとしていようとした。必死に冷静さを保とうとした。だが、できなかった。まるで体から魂を引き抜かれるような気がした。キスが深まり、いっそう情熱的になった。パーディタはキスに夢中になった。伯爵はそっと彼女を解放したが、また頬を手で包み込み、驚いたようにつぶやいた。「美しい顔、魅力的な目、うっとりさせる唇」パーディタは彼を見つめた。返事が唇まで出かかったが、そこで消えた。彼の次の言葉を聞いたから。「だが、わたしはおまえのすべてを軽蔑している。おまえはまだ魔法を使っている。男にすべてを忘れさせ、おまえの奴隷になれさえすればあとはどうでもいいと思わせてしまう魔法を。どうやったらそんなことができるんだ? それほど堕落しているのに、どうしてそんなに純真無垢に見えるんだ?」
 パーディタは彼の言葉が引き起こした苦痛に悲鳴をあげそうになった。悲しみを隠すにはありったけの意志の力が必要だった。短い沈黙が生まれた。伯爵はそのあいだ考え込むようにパーディタを見つめていた。
 やがて彼は頭をすっきりさせるかのように振ると、懐疑的な笑い声をあげた。「信じられないな。それがおまえのゲームか? わたしの愛人になりたいのか、パーディタ? おまえはたしかに美人だが、わたしはこれでも好みがうるさい。確かに、おまえにはわたしが探し求めたすべてがあるが、自分のお楽しみ用に必要なわけじゃない」パーディタが動かないので、伯爵は続けた。「わたしがおまえに用意している役割を知っても、がっかりはしないだろう。うまく演じたら褒美をやろう。さて、おまえが部屋に行く時間はとうに過ぎた。明日朝、出発前に会おう」
 その夜、パーディタは自分を激しく責めた。わたしの人生はあまりに安楽になってしまった。男性にキスをされただけで、この二年間の苦い教訓を忘れてしまった。誰も信じるな、誰にも頼るなという教訓を。人生はゲームではなく、生き残りを賭けた闘いなのだ。わたしと世間との闘いなのだ。そのことは何度も繰り返し学んだのではなかった? こんなにわたしに強い影響を及ぼしたのはあの人が初めてだ。その思いをパーディタは払いのけた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。