マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

愛を請う予感

愛を請う予感


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

 インテリアデザイナーのキーラはインドを訪れ、友人の結婚式に列席した。式が滞りなく終わり、中庭で催される披露宴が始まる前のことだった。「失礼」と声をかけられ、庭に出る道をふさいでいたのに気がついた。建物と庭園の織りなす神秘的な光景に、呆然と立ち尽くしていたせいだ。振り向くと、長身の男性が立っていた。これほどセクシーで、しかも危険な雰囲気を持つ男性は初めてだった。言葉を交わすうち、抗いがたい力で彼に引きつけられていくのを感じ、気がつくと彼の腕のなかにいて、キスを交わしていた。なんということをしてしまったの。彼と二度と会わずにすみますように。しかしキーラの願いは叶わず……。
 ◆ 30周年の記念の年、おかげさまでハーレクイン・ロマンスは2400号を迎えることができました。これまでのご愛読に感謝を込めて、ペニー・ジョーダンの意欲作をお届けいたします。◆

抄録

 ますます奇妙で危険な状態になってきた。彼にどいてくれと声をかけられたとき、すぐによけるべきだった。なのに……ここに呆然《ぼうぜん》と立ちつくしたまま、彼を眺めているなんて。
 こっそり彼の姿を盗み見て、どうするつもりだったの? その姿を脳裏に刻みつけ、ベッドのなかで妄想にふけるつもりだった?
 彼から、彼の影響力からすぐに逃げださなくては。キーラはきびすを返そうとした。そのとき、彼が片腕を伸ばし、小道をはさんで植えられた木の幹に手をついたので、キーラは逃げ道をさえぎられた。彼の指は長く先が細く、爪はきれいに切りそろえられている。
 キーラは太陽で温められた空気をなんとか吸いこみ、夜気の香りと彼のにおいを味わった。と同時に、危険な幻覚を起こすドラッグも吸ったのかもしれない。気がつくと、彼の顔に視線を向けていた。彼の目は茶色ではなく、北の海を思わせる冷たく陰りのある灰色だ。キーラはそのまま唇まで視線を下げた。下唇は官能的でふっくらしているのに、上唇は薄く冷酷そうだ。
 まるで津波に襲われたように、激しい興奮が襲ってきた。キーラは一歩前進し、そして一歩下がった。口をついて出た小さな声は、彼女の渇望感を抑制しているようでも、否定しているようでもあった。とはいえ、一歩下がっても否定しても、二人に起こったことをとり消すには遅すぎた。
 いつのまにかキーラは彼の腕のなかにいた。柔らかい二の腕に、彼の指が食いこんでいる。彼はわがもの顔に彼女に唇を重ね、濃厚なキスで文明世界の装飾を引きはがした。
 たとえ彼がキーラの着ているものを脱がせても、彼のキスもそれに対する彼女の反応も、これ以上濃厚にはならなかっただろう。キーラは完全に彼に身をゆだねている自分に気づき、激しいショックを受けた。息を吸うのもままならない。突然圧倒された激しい渇望感について、あらためて考えることもできなかった。全身をすさまじい勢いで渇望感が突き抜けると同時に、それまでそこにあったすべてを跡形もなく消し去った。キーラは押し流され、いつしか彼のジャケットの下に夢中で手をすべりこませていた。
 彼のキスはむさぼるようで、彼女の胸の奥に眠っていた熱い欲望をかきたてる。甘く危険な歓喜を切り裂くように、キーラはふいにうろたえた。こんなことはだめ。してはいけない。自分自身の振る舞いが恐ろしくなり、キーラは必死になってまぶたを上げ、彼に視線を合わせようとした。命令を拒んで全身が激しい震えに襲われるのもかまわず、彼の抱擁を振りほどく。
「ごめんなさい。私、こういうことはしないの。してはいけなかったのよ」
 なんてことだ。ジェイは驚いた。自分から誘っておきながら、こちらが興味を示すと身を引くのかと彼女を責めるつもりだったのに、その前に呆然とした顔で謝罪されてしまった。
「いや、きみもこうなることを望んでいたはずだ」ジェイは穏やかに抗議した。
 キーラは嘘をつきたかったが、どうしてもできなかった。
「ええ」彼女は認めた。自分の弱さや自己欺瞞《ぎまん》に対する痛みは、耐えがたいほどだ。こんな軽はずみなまねをしたのはインドの空気のせいだ。私を見ている男性のせいではない! 絶対に。
 激しくうろたえるあまり、胸の奥が痛くなってきた。彼は怒る権利があると思っているだろう。そして、説明を求める権利があると。けれど、キーラは納得のいく説明を何ひとつできそうになかった。そこで、きびすを返し、つまずきながら闇のなかに姿を消した。
 ジェイは彼女を引き止めようとしなかった。まず、現在の事情をあれこれ考えるより、自分自身のありがたくない肉体的反応に対するとまどいのほうが大きかったのだ。彼女が身を引いたときは、単に、拒否されて激しい怒りをおぼえたにすぎなかったが、そのあと、彼女は走っていってしまった。おまけに、謝罪されたせいでジェイの怒りはすっかり冷めた。彼女は彼の好奇心をそそり、興奮させた。あの挑戦的な態度には、性的にはもちろん、精神的な面でも興味をそそられる。
 初めて彼女を見たとき、ジェイはホテルの庭を横切ろうとしていた。今夜は大事な書類に目を通し、仕事の電話を何本かかけるつもりだった。だが、そんなことは先延ばしにしてもかまわない。
 これまでの経験から言えば、自分の間違いを認められる女性は稀《まれ》だ。とくに男女間で間違った振る舞いをしたとなると、きわめて珍しい。彼女はここにひとりで滞在していて、僕に対する欲望を認めた。そして、もちろん僕も彼女を求めている。
 ジェイは唇の両端を上げ、男性特有の期待のこもった笑みを浮かべた。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。