マイリストに追加

和書>ビジネス・教育歴史歴史(雑学)

名将名城伝

名将名城伝


発行: PHP研究所
価格:1,111pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

武田信玄が巨大な城を築かなかったのはなぜか不落の要塞といわれた石山本願寺が灰燼に帰したのはなぜか播磨三木城城主・別所長治がいまなお慕われているのはなぜか安土城の両翼の一つを占めた天下の名城・坂本城を築いた明智光秀はなぜ謀叛を起こしたのか小田原城以上に巨大で堅固な城をつくれと命じた秀吉の真意は何だったのか城を築くのが男子の本懐だった戦国時代、武将たちはどんな思いで自らの威容を誇ったのか。
本書は、後世に名を残す武将たちが「一国一城の主」にのぼりつめるまでの壮絶な生きざまと、やがてその城が消えていくまでのドラマを描いたもの。躑躅が崎館、吉田郡山城、長篠城、古処山城、米沢城など、いまは城址が残るのみだが、旅行で訪れた人の多くがロマンを掻き立てられるのは、やはり日本人にとって城というのは特別な思い入れがあるのだろう。本書を読むと全国の城を訪ねて歩きたくなること間違いない。

本の情報

紙書籍初版: 2005/5/27
ビジネス・教育歴史歴史(雑学)

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。