マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

熱砂に燃えて【ハーレクイン文庫版】

熱砂に燃えて【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

兄が拉致されたという知らせを受けたクリスティは、いま、とある国の権力者との面会にうち震えていた。シーク・シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。世界を股にかけた実業家として、その名を知られる大富豪だ。だがクリスティには、彼の取り澄ました美しい仮面の下に、冷酷非情な顔が潜んでいるように思えてならない。事実、クリスティの必死の懇願さえ、鼻であしらい、自分の愛人になるなら考えようと、こともなげに言い放ったのだ。クリスティの美しい髪や肢体を無遠慮に品定めしながら。

*本書は、ハーレクイン・クラシックスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 クリスティは顔から血の気が引いていくのを感じた。「どんな根拠があってそんな……」
「まあ落ち着いて、ミス・ダルトン。きみがぼくのオフィスに二度目の電話をかけてきたあと、すぐに身元調査をさせてもらった」シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエドは穏やかな口調で説明を始めた。クリスティの顔に視線を据えたまま、彼女の住所に職業、学歴、両親の名前とふたりの不慮の死の原因、そして相続した遺産の概要まで、すらすらと口にした。「きみがロンドンにやってきたのは、兄のシェーンの解放をぼくに頼むためだね。彼は目下、捕虜としてとらわれの身となっている」
 激しい怒りがこみあげてきた。「わたしがあなたに接触しようとした理由を知っていながら、電話に出ようともしなかったんですね?」
「そうしたところで無意味だと思ったからだ。残念ながら、きみの力にはなれない」
 そう断言されても、このまま引きさがるわけにはいかない。「不運にもシェーンはタイミングの悪いときに……」
「報道写真家であるきみの兄は、警察の忠告を無視して、立入禁止区域に足を踏み入れるという違法行為を犯した」シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエドは険しい口調で言った。「彼は反政府組織に誘拐され、地元警察の力の及ばない山岳地帯に連れていかれた。もっとも、当局の手で逮捕されたら投獄されていただろうが」
「反政府組織の手に落ちたほうが、状況としてはまだましだとおっしゃるの?」
 彼の口元に笑みらしきものが浮かんだ。「それはどうかな、ミス・ダルトン」
 不安にクリスティの目が大きく見開かれ、顔から完全に血の気がうせた。兄の身を案じて眠れず、たとえ眠れたとしても悪夢にうなされる日々が続いていた。「お願いですから……」
「泣き落としというわけか」シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエドはあざけるように言った。その瞬間、クリスティは心底、彼を憎いと思った。「まあ、適切なルートを通じて嘆願書を提出すべきじゃないかな。この手の交渉は時間がかかるし、微妙な駆け引きが必要になってくる。そして捕虜の家族には忍耐が要求される」
「あなたなら兄を救出できるはずです」
 突き刺すような彼の鋭いまなざしに、クリスティは凍りついた。
「もうじき二十一世紀になろうとしているんだよ、ミス・ダルトン。まさかきみは、ぼくが|長衣《トベ》と|頭巾《グトラ》を身につけてアラブ馬にまたがり、部下を率いて砂漠のなかを救出に向かう図を想像していたんじゃないだろうね? 途中にあるオアシスで水を補給しながら」
 言い返しそうになるのをなんとかこらえ、クリスティは彼の皮肉を聞き流した。「わたしにはかなりの額の信託財産があります」彼女は両親がまとまった遺産を遺してくれたことに心から感謝した。「ジープや人手、必要ならヘリコプターを用意するくらいの費用は充分まかなえます」
「だめだ」
 言下に否定され、クリスティはまたしてもかんしゃくを起こしそうになった。手のなかに切り札を持っていたが、今はまだ見せるときではない。「手を貸すのは断るとおっしゃるんですか?」
「国に帰りたまえ、ミス・ダルトン」彼の表情は険しく、声はぞっとするほど冷ややかだった。「オーストラリアに帰り、この不運な出来事の決着は政府に任せるんだ」
 クリスティは彼を引っぱたいてやりたかった。思いきり引っぱたいて、血も涙もない怪物だとののしってやりかった。
 彼女の心を敏感に察知したのか、彼の目の奥にちらっと怒りの炎が揺らめいた。ほんの一瞬のことで、単なる錯覚だったような気もする。
「では、これで失礼させてもらうよ。客の相手をしなければならないので」彼は落ち着きはらった態度で言った。「ロッシェルがきみに合う服を持ってくるはずだ。ホテルに戻りたいなら、送り届けるよう運転手に言っておこう。このあともパーティを楽しんでもらえれば、それに越したことはないが」
「お願い……」高ぶる感情に、クリスティの声はかすれた。
 彼の視線は身につけたものをはぎとり、皮膚や細胞組織を焦がし、その下の体の芯にまで突き刺さるようだった。値踏みするようにクリスティのほっそりした体を眺めまわし、盛りあがった胸と太腿のつけ根でいったんとまった視線は、ふっくらした唇へと這いあがり、しばしそこに据えられた。
「このぼくに色仕掛けは通用しない」
 クリスティは顎をぐいと上げ、怒りに燃える目で彼をにらみつけた。「大変な侮辱です、シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。わたしはあなたの情けに訴えたんです。セックスなど考えてもいませんでした」
「きみは女性だよ、ミス・ダルトン。必ずセックスを考慮に入れるはずだ」
 クリスティの頬が紅潮した。怒りを爆発させそうになるのを懸命にこらえ、ゆっくりと深呼吸した。「たとえ兄のためでも、自分の体を取り引きの道具にするようなまねはしません」
 彼の目がからかうようにきらりと光った。「本当かな?」
 わめき散らしたかったが、そんなことをすれば相手をますます面白がらせるだけだろう。「ええ、絶対に」クリスティは落ち着いた声で言った。それは怒りを爆発させるよりはるかに効果があった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。