マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインシルエット・ラブ ストリーム

裏切りの刃

裏切りの刃


発行: ハーレクイン
シリーズ: シルエット・ラブ ストリーム
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リンダ・ハワード(Linda Howard)
 数々の受賞歴を誇る、世界中で大人気の作家。栄えあるNYタイムズやUSAトゥデイのベストセラーリストにもしばしば顔を出す。読むにしろ書くにしろ、本は彼女の人生において重要な役割を果たしているという。読み始めはマーガレット・ミッチェルの作品。それ以後、広く読書に熱中するようになった。少女のころから書くことが好きだったリンダの作家デビューは三十歳のとき。現在はアメリカの作家大会や授賞式の席に常連の人気作家で、サイン会にもひっぱりだこである。とりわけ、彼女の描くヒーローが魅力的だというファンが多い。現在、生まれ故郷のアラバマ州に夫とともに住んでいる。

解説

 「横領容疑であなたに逮捕状が出ています」
 初めて愛した男性ブレットとついに結ばれた直後、幸せの絶頂にあったテッサは刑事の言葉に耳を疑った。なんですって? 私は一介の経理事務員よ。生まれこそ貧しくとも、横領なんてするわけがないのに。でも、社長の信任のあついブレットなら無実を証明してくれるはず。一縷の望みを彼に託したテッサは、やがて残酷な現実を知る。テッサを告発したのはブレット本人であり、彼がテッサに近づいたのは捜査のためだったということを。絶望の淵に沈んだ彼女は、勇気を奮い起こし唯一残されたプライドをかけて汚名を晴らそうと決意した。
 ■ 世界的大ベストセラー作家リンダ・ハワードが描く、愛憎入りまじるロマンティック・サスペンスの傑作! 濃密な心理描写とセクシーなラブシーンをご堪能ください!

抄録

 テッサは日の光のように輝き、温かく陽気な女性だった。隣にいる男性は自制がきいていてやや冷酷ですらあったが、彼女は何度か彼の目に笑みという明かりをともすことができた。髪にまじる金色の筋が温かみを感じさせても、燃えるようなセクシーさを発散していても、ブレットはあくまでクールで、心情を明かさないよそよそしさがあった。それでも、テッサは彼を見ただけで胸が高鳴った。これまで誰に対してもそんなことはなかったのに。彼と一緒でなければ完全になれないという気持ち、突然迷子になってしまったような気持ちに胸が痛んだ。
 彼と恋に落ちたらどうなるかしら? その考えが突然襲ってくるパニックのようにテッサをとらえた。目に不安をにじませてブレットを見る。彼は誰ともちがっている。彼が相手だと、これまでいつもしてきたように関係をコントロールすることができない。彼は私が差しだすものをすべて受け取るだろう。明るい日の光も甘い秘密も。でもお返しに彼がなにか与えてくれるかどうかはわからない。そうよ、彼は肉体的に私に惹かれているだけ。感情も考えも慎重に隠している。それでは自分自身の感情はどうかというと、よくわからなかった。まるで感情の流砂のなかをはいまわるようで、こんな気分は初めてだ。
 ブレットはテッサの瞳に恐れがよぎったのを見逃さなかった。いったいなにが原因だろう? なにを恐れているんだ? 僕を男として怖がっているはずはない。恋愛ゲームを楽しんでいるのだから。ブレットは眉を寄せて一瞬渋い表情をしたが、それはすぐに消えた。いずれ、彼女の謎はすべて解ける。
 テッサのアパートメントの前で車を止めると、ブレットは腕時計を見た。「十時だ、シンデレラ。今夜は安全だよ」
 テッサはくすりと笑ったが、すぐに真顔に戻った。安全ですって? まだわからないわ。彼を見送るまでは。彼が帰りたくないと言ったら? 彼をコントロールするむずかしさは、とりもなおさず自分をコントロールするむずかしさだということにテッサは気づいていた。触れるか触れないかのキスだけで全身が溶けてしまうほどなのに、彼がすべての魅力をぶつけてきたら私はどうなってしまうだろう?
 歩道を歩くあいだ、ブレットはテッサのウエストに軽く手を添えていたが、それだけで彼女の鼓動は速くなった。「鍵を貸してごらん」ブレットがささやいた。テッサはバッグから鍵を取りだして渡した。ブレットは鍵を開け、テッサが彼をなかに入らせない口実を考えつく間もなく部屋に足を踏み入れた。テッサはドアのすぐ内側に立ったまま、ブレットが明かりをつけて全部の部屋を調べるのを眺めた。「安全だ」かすかにほほえみながら彼は言った。
「いつもセキュリティチェックをするの?」つかの間、好奇心が先に立ってテッサはたずねた。
 青い波のあいだに金色の光が躍る彼の目はさながら深い大洋のようだ。「そうだ」それだけ答えて、ブレットはドアのそばに立っているテッサのもとに戻ってきた。腕を取ってテッサを部屋のなかに引き入れ、ドアを閉める。そしていかつい温かい両手でテッサの顔を包みこみ、上向かせると、ぽってりした口元とけだるそうにまばたきする長いまつげを見つめた。繊細だが情熱的な顔。ブレットはこの唇を自分の唇で味わいたいと思った。
 テッサが彼のがっしりした両手首をつかんだ。彼女の体がかすかに震えているのがわかる。黙ったままブレットは頭をかがめ、彼女の唇を奪った。甘くやわらかい唇が震え、開く。ブレットのキスが熱を増すと、テッサの頭はさらにうしろに傾いた。ブレットは斜めにおおいかぶさるようにしてキスを深めた。テッサはなすすべもなく口を開いて彼の舌を迎え入れた。ついに彼は禁じられた甘い美酒を手に入れた。テッサは心のうちで小さく叫んだ。少しでも彼に感情をさらけだせば、私は傷つくにちがいない。でも私は自分自身を守りきれるだろうか。
 ブレットがほんの少し唇を離した。すぐそばにある彼の口元からワインの香りのする甘い息が漂ってくる。低い、かすれたような声で彼は命じた。「今度は僕に同じやり方でキスしてくれ。君の舌を味わいたい。いますぐに。君にそれができることはわかっている」乱暴なまでの強さでブレットはふたたびテッサの唇をおおった。テッサは小さなため息をついて、甘美でエロチックな命令に従った。まるで彼が自分のものであるかのように、そうする権利を、彼からなんでも奪う権利を持っているかのように、テッサは彼にキスした。唇と舌とで彼を自分のものにしてキスを深めるうちに、自分自身を守ることは忘れてしまった。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。