マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

妻の役割【ハーレクイン文庫版】

妻の役割【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リンゼイ・アームストロング(Lindsay Armstrong)
 南アフリカ生まれ。現在はニュージーランド生まれの夫と五人の子供たちとともに、オーストラリアで暮らす。オーストラリアのほとんどの州に住んだことがあり、農場経営や馬の調教など、普通では経験できない職業を経てきた。彼女の作品にはその体験が大いに生かされている。

解説

5年前、ステファニーは弟の危機を救うため、富も権力もあわせ持つ大富豪ドミニクと愛のない結婚をした。だが、冷徹な彼は妻を都合のいい愛玩人形として見ているだけ。抱かれたら感じてしまう自分が許せず、いまは夫と別居している彼女のもとに、ある日、ドミニクから電話がかかってきた。“きみが条件さえのめば、正式に離婚してもいい”というのだ。応じたステファニーは、仲睦まじい夫婦を演じることになるが、夫と出かけた場で、若い娘がドミニクに恋していると気づき、頬をこわばらせてしまう。彼との間に愛などないはずなのに……。
*本書は、ハーレクイン・クラシックスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「ステファニー」ドミニク・レイバンはずかずかと入ってきながら挨拶がわりにそう言った。ステファニーは初めて彼を見たときから自分の人生が大きく狂ってしまったことを改めて痛感した。
つかの間かたく目をつぶって、過去の記憶を追い払うと彼女は静かに挨拶を返した。「こんにちは、ドミニク」
二人の視線がぶつかり、ドミニクはステファニーの前で足を止めた。彼のグレーの目は冷たく謎めいた表情をたたえており、彼女の目はかすかに警戒の色を浮かべている。
ドミニク・レイバンは三十歳。黒い豊かな髪にすらりとした体、すれ違う女をはっとさせる容貌の持ち主だ。さらに言えば、いまの彼は洗練された傲岸不遜な成功者の雰囲気をまとっている。おそらく昔からそうだったのだろうが、最近では特に鼻につく。たとえ彼を不倶戴天の敵として憎んでいないとしても、それは同じことだろう。
「久しぶりだな」彼の声がステファニーのもの思いを打ち破った。「ええ、四カ月ぶりだわ」
ドミニクは眉を上げた。「数えていたのかい?」
ステファニーは肩をすくめる。
ドミニクは彼女を頭のてっぺんから爪先までしげしげと見た。その視線に、ステファニーは自分の質素な服装や、後ろでひとつに編んだ髪をいやでも意識させられてしまう。「全然変わってないな。少しやせたという以外にはね」皮肉っぽい口調でドミニクは言った。
ステファニーは口もとをこわばらせた。「わたしは昔からやせているわ」
「そのとおりだ」ドミニクは考えこむように言う。
「しかし、だからといって別に……」
「慰めは結構よ。電信柱みたいにひょろ長いのは昔からですもの」
「ぼくの愛妻、美しい電信柱くん」ドミニクはかわいた微笑を浮かべてささやいた。「相変わらず喧嘩腰だね。だが、きみの飾らない外見の下には華奢で官能的な肉体がひそんでいるんだ。離れ離れの月日を数えていたってことは、その体がぼくを恋しがっていたってことかな?」
ステファニーは息をのみ、同時に激しい怒りにとらわれた。「あなたがわたしを恋しがっていなかったのと同様、わたしもあなたを恋しがってなどいなかったわ」冷ややかに言うと背を向けようとしたが、その手をドミニクがつかんだ。
「しかし、ぼくのほうは恋しかったよ」やんわりと言う。「でなかったらきみをここに呼ぶはずがないだろう?きみを抱くのは楽しいんだよ、ステファニー。前にも言ったように……」
「悪魔!」とステファニーは低くののしった。「かもしれないね。だが、きみがぼくを憎み、ぼくを求める自分自身を憎み、必死に欲望を抑えこみ、それでも結局ぼくの腕の中で快楽に酔いしれるのを見るのはなかなか興味深いんだよ」彼の口もとには冷たい微笑がちらつき、目はステファニーを嘲っている。
「見解の相違だわね」彼の言葉を認めまいとして、ステファニーは不愉快そうに言った。そして手首をつかまれたまま彼のグレーの目を見すえ、胸のとどろきを抑えてしっかりした口調で言葉を続けた。「実を言うと、その点に関してあなたに言いたいことがあったの。数カ月に一度あなたの気まぐれが起きるたびにわたしを強制的にベッドに連れこむのは、もうやめていただきたいわ」
ドミニクはやんわりとききかえした。「強制的だって?」
「ええ……」その先を続けるより早く喉もとに熱いかたまりが突き上げてきて、ステファニーは唇をかんだ。それから肩を落とし、絶望したような目でドミニクを見つめる。「あなたの望みはいったいなんなの?わたしをひざまずかせ、もう解放してと哀願させたいの?」
ドミニクはぱっと彼女の手を放し、険しい声で言った。「ぼくたちは夫婦なんだから、同居したっていいんだ」
「うまくいくはずないわ!わたしにはあなたの妻だなんて意識はこれっぽっちもないんだから……。あなたと結婚したのも、弟があなたの会社のお金を着服したから仕方なくだわ」
「それにぼくがきみにとって初めての恋人だったから……」
「ただひとりの恋……」ステファニーは言いかけた言葉をのみこんだ。
二人の目が合い、ドミニクは言った。「そうなのかい?ほんとうにぼくのあとに恋人はできなかったのかい?だったらなおさら責任を感じるな」
「そういう問題じゃないわ、ドミニク。あなたは復讐しているのよ。昔あなたはわたしを征服したつもりになって、自分のほうが飽きるまでの数週間はそばにおいてやってもいいと思っていた。だけど、わたしはそんなお慈悲を求めていたわけではなかったのよ」
「それじゃ何を求めていたんだい?」ドミニクは冷笑するように言った。
ステファニーは頬を染めた。「身分違いの異分子とか余興の見世物になることではないわ」
「その古傷がいまだに痛むのか」ドミニクは思案するように言った。「当時は否定していたのにね。だが、もう一度言わせてもらえば、そんな心ない言葉を口にしたのは、ぼくではなく妹のメリッサだ」
「あなたの妹のメリッサにも長所はあるわ。鼻持ちならない俗物だけど、その点に関しては正直そのものだったから」
ドミニクは面白がっているような表情になった。「同感だね」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。