和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ティーンズラブ小説

夜獣〜ふたりの花婿と薔薇の聖女の繚乱〜

夜獣〜ふたりの花婿と薔薇の聖女の繚乱〜

著: 臣桜 画: 鈴ノ助
発行: 夢中文庫
レーベル: 夢中文庫プランセ



著者プロフィール

【臣桜】
札幌出身、札幌在住。2017年にティアラ文庫「きまじめな騎士隊長の不器用な求婚」でデビュー。以降、TL界の末席に生息しています。趣味は読書、映画鑑賞、旅行、料理など。たまに美術館にも。音楽はクラシックやサントラ系が好きです。PNの通り桜が大好きです。自然溢れる場所を歩いたり、神社仏閣参拝でリフレッシュします。生粋の道産子ですが、京都に強い憧れを持っています。キャラ萌え属性は軍人、聖職者、黒髪、巨乳、着物など。気高い系キャラが好きです。

解説

孤児院育ちのローザは18歳まで両親が迎えにくるのを待ちわびていたが叶わず、“シスターマリア”となり神に仕える身に。
ある日突然、体に聖痕を宿したことで異端審問官がマリアのもとに使わされることになる。彼らの一部は、昨今世間を騒がせている吸血鬼を狩る役目も担っていた。
ひとり教会で過ごす夜、扉の向こうからマリアの名を呼ぶ男の声が。
「お前のすべてをもらいに来た」吸血鬼・キースは彼女を熱く求め、襲いかかる。そのとき異端審問官として教会を訪れたジェラールに間一髪で救われるマリアだったが……。
吸血鬼とヴァンパイアハンター、二人の男。それぞれの愛情は聖女の身体に深く熱く刻まれ、永遠に彼女をともに愛し続ける──

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。