和書>小説・ノンフィクションノンフィクションエッセイ・随筆


著者プロフィール

【良歌の宮・こころ】
脊髄にばい菌が入った。もう一生寝たきりと言われて手術に向かい助けられた。こりゃ大儲けと喜んだのもつかの間。厳しい後遺症で障害者に認定された。とたんに事実婚の歯医者に「障害者はいらん」と捨てられた。一瞬、死のうと思ったけど命はもったいない。すべては糧になり私に真実という世界を書かせる。

解説

アールが違う世界に旅立ってから一年が過ぎました。なんと言うことでしょう。突然ですが帰ってきました。実家やって、ここの家が。おまけに綺麗になって帰ってきました。聞いてみたら、なんと言うことでしよう! 美容整形だって! まつげも長くなっているし、何しろ可愛いのよ。
この私にも「やってごらんよ、綺麗になれて、いけてる女になれる」とまで、言われています。
笑わすわぁ〜
彼氏、できましたのですって(嫉妬)彼氏のところに帰るって。ママとしては、やきもちはやきましたが、本心は嬉しかった・・・これからも実家に帰ってくるって(涙)アールの新しい世界を、伝えに来るって言いますのよ(笑)