和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

SEVENS HEAVEN フィジー・セブンズの奇跡

SEVENS HEAVEN フィジー・セブンズの奇跡

著: ベン・ライアン 訳: 児島修
発行: 辰巳出版



解説

勝利の裏側には、伝えるべきエピソードがある!
―― 廣瀬俊朗氏(元ラグビー日本代表)推薦。

スポーツドキュメンタリーでありながら、小説のように面白い。
突然フィジー・セブンズ代表を率いることになった、イギリス人コーチが体験した
波瀾万丈、抱腹絶倒、奇跡と感動の金メダルストーリー!

2013年の夏の終わり。イギリス人ラグビー・コーチ、ベン・ライアンの携帯電話が鳴った。
相手はフィジー・ラグビー協会、同国セブンズチームヘッドコーチ就任のオファーの電話だった。契約内容や年俸の話も何もされずに、回答までに彼に用意された時間はわずか20分。
ベンの出した答えは「イエス」。
そしてこの一言が、壮大な冒険の始まりとなるのだった――。
選手の怪我を祈祷で治せると主張する心霊治療家に驚き、ラグビー狂の軍の最高司令官に怯えた。
ラグビー協会との確執もあるし、携帯電話は何者かに盗聴された。
そこには熱き友情があり、ほろ苦き諍いがあった。そして、国をあげての熱狂的な応援もあった。

リオ・オリンピック金メダル獲得を成し遂げたベンと12人の選手たちの、激動の日々を綴ったノンフィクション!