和書>小説・ノンフィクションノンフィクションエッセイ・随筆

流されて円楽に 流れつくか圓生に

流されて円楽に 流れつくか圓生に

著: 六代目三遊亭円楽
発行: 竹書房



解説

本書は、イメージと違って、六代目三遊亭円楽の貧乏な子供時代、東京下町の貧しい暮らしから世渡り上手になっていく様、五代目圓楽から乞われて弟子になった入門を機会に、周囲から期待され、乞われて、最後には師匠から名前を生存贈与される落語家人生をふりかえるものです。

そして、その人生が上へ上へ漂着するような人生だったと判断した円楽は、六十九歳にしてはじめて、自分の意志で、“止め名”となって封印されている三遊亭圓生という大名跡を襲名することを決意いたします。