マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

破れ傘 十手婆 文句あるかい3

破れ傘 十手婆 文句あるかい3


発行: 二見書房
レーベル: 二見時代小説文庫 シリーズ: 十手婆 文句あるかい
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

お鹿の目から滂沱の泪、シリーズ第3弾!

多助が一途に想う娘、お鹿が胸を騒がす船頭、事件の裏に二人の影。
殺された遊び人の長屋には、高価な呉服や反物が……。
金貸しと偽医者も殺され、怨みの犯行と思われるが……親子岡っ引き、泪の捕物!

深川木場で男の死体が見つかり、十手婆のお鹿は息子の秀次、多助と共に駆けつける。金もない遊び人風だったが、住まいの長屋から高価な呉服や反物が出てきた。また金貸しの男が殺され、そこで若い女が目撃される。事件は続き、一連の殺しにつながりが疑われる。一方、多助が想いを寄せる娘は、目撃された女に似ていた。そして、お鹿が胸を騒がす船頭にも怪しい影が……。

目次

第一章 娘絵馬売り
第二章 殺しの輪舞
第三章 多助の不安
第四章 秘めた恋心
第五章 狂言作者
第六章 お鹿と富五郎

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。