和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説作家・編集

桜の下の欲情

桜の下の欲情

著: 秀香穂里 画: 汞りょう
発行: 徳間書店
レーベル: キャラ文庫 シリーズ: 桜の下の欲情



解説

豪胆かつ繊細な筆致で、百年に一人の天才日本画家――。美術は専門外なのに画壇の寵児・九重鎮之(このえしげゆき)のイラスト連載を担当することになった編集者の本郷(ほんごう)。けれど九重は、初対面から傲岸不遜で威圧的。知識不足を糾弾するように「おまえの取り得は身体ぐらいだ」と迫ってきた!! 原稿のためにはこの屈辱に耐えなければならない――。以来、自宅に通っては執筆の合間に抱かれる日々が始まって!? ※口絵・イラスト収録あり