和書>小説・ノンフィクションライトノベル異世界ファンタジー

外れスキル『予報』が進化して『言ったら実現』になる件☆レンガ・レンガ・レンガ!でスローライフしてます

外れスキル『予報』が進化して『言ったら実現』になる件☆レンガ・レンガ・レンガ!でスローライフしてます

著: 天野優志 画: Ixy
発行: 英和出版社
レーベル: UGnovels



解説

1日500個のレンガを積み、わずかばかりの賃金を得て生活しているレンガ積み職人・ジュートは、70%くらいの確率で未来を予報するハズレスキル「予報」の持ち主でもあった。せいぜい天気予報くらいにしか使えないと思われていた「予報」だったが、冒険者の命を救ったことで注目されることに……。次々と訪れる予報希望の客、トラブルに巻き込まれてゆくジュート。レンガ積みと予報屋、二刀流主人公のドタバタスローライフ、スタート。

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

第1話 人生は夢など見ない方がいいのです
第2話 監督官はケチな奴が多いのか
第3話 予報スキルは僕の人生をどこに連れていくのか?
第4話 隣街で新しい動きが起きようとしていた 
第5話 隠れファンの存在はありがたいことだ
第6話 販路拡大をするには弱みを握るのが早いよな
第7話 錬金術士ってなんか、めんどくさいと感じたよ
第8話 侘しい食事がキノコで華やかになったりする
第9話 予報屋を始めることになりました
第10話 自分にできる限界があるってことを知っておこうね
第11話 レンガ積みの経験はいろいろと応用が効きます
第12話 情報判断は自ら行うのは鉄則だよね
第13話 街案内所って必要あるのかな
第15話 もやもやした物を抱えていると力が出せないよね
第16話 無気力の原因って人との関わりがほとんどなんだ
第17話 指名を受けるのは気持ちいいものだな
第18話 数じゃないんだよ数じゃ
第19話 予報を使うのは良いことなのか
第20話 ランクアップすると大きな変化が起きるんです
第21話 こんなに美味い物があったとは!
第22話 ネルシャのバッグって高いんですか
第23話 やっぱり最初のミッションは薬草探しですか
第24話 新鮮な情報があれば儲けることは簡単なんです
第25話 労働者に中毒が蔓延していているらしい
第26話 何もない日常こそが幸せなんだと思う
第27話 黒い森は危険がいっぱいあるという
第28話 ドワーフ製は、もしかして贅沢なのだろうか
第29話 美人の予報依頼だと緊張するなぁ
第30話 月向草採取の依頼結果はどうなった?
第31話 用意周到な敵を相手にするのは困難が伴うよね
第32話 感謝はされてもポイントが入らないのはどうしたことか
第33話 大賢者と錬金術士のコンビはどうなのか?
第34話 予報屋は大盛況です
第35話 予報のお客さんが大群で現れた
第36話 今日は石探しの日
第37話 好事魔多しっていうけどさ
第38話 敵情視察は大切な情報収集の手段だ
第39話 インチキ予報屋に反撃するには?
第40話 予報試合の作戦を立てるとしよう
第41話 予報試合の第1ステージ
第42話 予報試合の第2ステージ
第43話 ファイナルステージ
第44話 勝ったことより嬉しいことがあった
第45話 因果応報ってあるんだな
第46話 もうひとりの男の顛末
第47話 錬金術士のアートなアトリエ完成