和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

陰富大名 剣客大名 柳生俊平13

陰富大名 剣客大名 柳生俊平13

著: 麻倉一矢
発行: 二見書房
レーベル: 二見時代小説文庫 シリーズ: 剣客大名 柳生俊平



解説

徳川御三家の水戸藩に、富籤にからむ黒い噂!

将軍から影目付に直命。
三十五万石の財政は火の車。藩主はやっと十歳の幼君。
富籤の感応寺の悪と組んだ勘定奉行らの一派に俊平は、水戸の「婆沙羅若殿」と共闘

谷中の感応寺は富籤の寺として名高い。だが正規の富札は一枚一分、庶民には手が出ない。そこで一枚一文の陰富が人気となる。御三家の水戸家は財政が火の車。先々代藩主の庶子・小谷鶴之介は、背に竜の踊る派手な紫の羽二重で街をのし歩く『婆沙羅若殿』。ふとしたことで藩勘定方に「陰富」販売を提案。将軍から直命された影目付・柳生俊平は、まず水戸の婆沙羅若殿に接近……。

目次

第一章 陰富商売
第二章 水戸の若殿
第三章 悪坊主
第四章 幼君の裁き
第五章 黄昏の決闘