和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

乙女の告白【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

乙女の告白【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

著: エリザベス・ロールズ 翻訳: 海老塚レイ子
発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル



解説

病の床についた貧しい娘が、夢うつつの境に見た美しい男性は……。

親戚のけちな老伯爵に家政婦のようにこき使われてきたメグは、老伯爵の死後、新しい後継者が到着する前に館を出るつもりだった。だが悪いインフルエンザにかかり、診察料を払えないため医者も呼べず瀕死の床についていたとき、夢のような救世主が現れた。マークと名乗る美青年が医者を呼び、つきっきりで看病してくれたのだ。朦朧とした意識のなか、メグはお金の心配をしつつも、マークの腕に抱かれて不思議と安心感を覚えた。献身的な看病の甲斐あってやがて体力を回復したメグは、看病してくれた人物が誰かを使用人から聞き、目の前が真っ白になった!「先日の夜に到着なさった、ラザフォード伯爵ですよ」

■ロンドン社交界きっての伊達者で、独身主義を標榜して美女たちと戯れている――老伯爵の後継者となる男性の前評判を聞き、そんな人とは友達にもなりたくないと思っていたメグでしたが、彼の魅力に抗えなくて……。19世紀、不遇の娘が出合った、予測不能な恋。

*本書は、ハーレクイン・リクエストから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。