マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌趣味アート

世界のビジネスエリートは知っている ルーブルに学ぶ美術の教養

世界のビジネスエリートは知っている ルーブルに学ぶ美術の教養


発行: ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,800pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

絵画は見るものではなく、読み解くもの
本書は、ルーウ?ル美術館所蔵の約6000点以上のヨーロッハ?絵画から、それそ?れの国と時代を代表する作品を選ひ?、美術史的な「読み解き方」をお届けするものて?す。
「見方」や「感し?方」て?はなく、「読み解き方」て?す。
私は、いたるところて?、「絵画は見るものて?はなく読むもの」た?と伝えてきました。西洋絵画は宗教画から発展し、特に世紀以前は歴史画を頂点としたシ?ャンルのヒエラルキーか?あったため、絵画は主に宗教的な教えや神話のエヒ?ソート?、そして政治的なメッセーシ?なと?を伝えるために描かれてきました。ルーウ?ル美術館に所蔵されているのは、基本的に世紀から世紀半は?まて?の絵画て?あるため、まさに「読む」ために描かれた作品か?多いのて?す。本書は、ルーウ?ル美術館における展示に準し?て、イタリア絵画、フランス絵画、スヘ?イン絵画、フラント?ル絵画、オランタ?絵画こ?とに、それそ?れを代表する絵画をあけ?て解説していきます。これまて?さまさ?まに目にしていた作品か?新たなメッセーシ?を発し始めることて?しょう。

さらに重要なのは、現在も欧米のエリート校を卒業したような人たちは、日本人に比へ?るとはるかに美術史という学問に親しんて?いる人か?多く、こ?く普通の教養として身につけています。美術品に囲まれた邸宅て?育たなくても、教育の一環として美術館て?の解説に親しみ、大学て?専攻しないまて?も美術史をリヘ?ラルアーツとして学ふ?人か?多いからて?す。
欧米社会て?は、リヘ?ラルアーツを知らないのは労働者と見なされか?ちて?す。表面的には対等にヒ?シ?ネスをしているように見えて、本当の意味て?のコラホ?レーションはて?きないということて?す。商談はて?きても、2時間のテ?ィナーは持たないのて?すから。
このままて?いいのて?しょうか?
今、私たちか?ク?ローハ?ル社会の中て?、欧米の人たちと真にハ?ートナーとなっていくために、西洋絵画を読み解く知識は、大きな助けとなるはす?て?す。西洋美術史を知ることとは、ヨーロッハ?の歴史を知ることて?あり、その多様性に触れることて?あります。キリスト教か?西洋文明にもたらしてきたものを知ることて?あり、彼らを理解することか?て?きるようになるからて?す。
本書を、そのための最初の一歩、西洋絵画について少し学んて?みようかな、と思う端緒としていたた?けれは?、そして、ルーウ?ル美術館に行ってみようかな、と思っていたた?けれは?嬉しく存し?ます。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。