和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説外国人

見初められたはいいけれど

見初められたはいいけれど

著: 水原とほる 画: ミドリノエバ
発行: 徳間書店
レーベル: キャラ文庫 シリーズ: 見初められたはいいけれど



解説

留学準備で来日した、取引先の大企業の御曹司――その女癖が悪いと噂の放蕩息子の世話を、上司に命じられてしまった!! 内心の不満を押し隠し、部屋を訪れる澄人(すみと)。ところが、その男ジョッシュに、「面倒を押し付けられて、イラついてるね?」と、笑顔であっさりと見抜かれてしまう。評判と違って、洞察力に優れたかなりのクセ者だと驚く澄人だが、なぜかその後、連日呼び出されるようになり!? ※口絵・イラスト収録あり