マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

見えない敵 栄次郎江戸暦22

見えない敵 栄次郎江戸暦22


発行: 二見書房
レーベル: 二見時代小説文庫 シリーズ: 栄次郎江戸暦
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

二人の商人が強請られ、栄次郎の命も狙われる。誰が、何の目的で……?

五年前の「事件」の何をどう探り当て強請ってきたのか。
尋常の『敵』ではあるまい! 手首を傷めた矢内栄次郎は得意の抜刀術を使えず……。

田宮流抜刀術の達人で三味線の名手矢内栄次郎は手首を傷め、撥も刀も握れずにいた。折しも兄栄之進に再婚話が舞い込んだ。なんと三千石の大身旗本の娘だという。矢内家は二百石の御家人、もしや栄次郎の出生の秘密を知ってのことか。一方、五年前の「事件」を探り当てた者から、二人の商人に強請りの文が届き、尾行者も……。相談を持ちかけられた栄次郎は、はたして……。

目次

第一章 強請り
第二章 冤罪
第三章 用立てた金
第四章 現れた男

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。