和書>小説・ノンフィクションライトノベル伝奇

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに

著: 糸森環 画: 冬臣
発行: 新書館
レーベル: ウィングス・ノヴェル シリーズ: 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録



解説

霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……? バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。