和書>小説・ノンフィクションノンフィクションエッセイ・随筆

おばあちゃんが教えてくれたとても、とても、大事なこと

おばあちゃんが教えてくれたとても、とても、大事なこと

著: 吉井鈴
発行: 辰巳出版



解説

“生きづらい”と感じている人たちに読んで欲しい ――

世界中の人たちと、簡単に繋がることができる一方で、人間関係を築くことの難しさを痛感する今の時代。生きづらさを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっとした気づきや、思いやりがあるだけで、もっと楽に生きられるはず――忙しすぎて見失いがちな、あたりまえだけれど、とても、とても、大事なこと。


「何事も過ぎたら……」
食べ過ぎたら、お腹が痛くなる。
言い過ぎたら、ケンカになる。
がんばり過ぎてもしんどくなる。

おばあちゃんがいつも言っていました。
“お湯加減みたいに、熱すぎず、ぬるすぎずね。”と。