和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

紅の刺客 剣客奉行 柳生久通2

紅の刺客 剣客奉行 柳生久通2

著: 藤水名子
発行: 二見書房
レーベル: 二見時代小説文庫 シリーズ: 剣客奉行 柳生久通



解説

老中松平定信が襲われ、その刺客探索の密命に《今大岡》奉行が奔走!
襲った刺客は「異国の女」?

老中定信のほのめかしに、一刀流免許皆伝の久通は、刺客炙り出しの秘策を……。
思いがけぬ刺客の正体は?

実在の北町奉行、新シリーズ第2弾!

一刀流免許皆伝、亡き将軍世嗣の剣術指南役でもあった、柳生久通は、《今大岡》ともいわれ、世に知られている北町奉行。久通を奉行に任じたのは老中松平定信だったが、その定信が屋敷で危うく刺客に殺されそうに。密命を受け刺客探しを始めた久通は「異国の女」との定信のほのめかしに、見世物小屋の娘軽業師に目を付けるのだが…。刺客を炙り出す久通の秘策とは?

目次


第一章 噂の奉行
第二章 旅の宿
第三章 噂の女
第四章 忍び寄る影
第五章 終わりなき戦い