和書>小説・ノンフィクションノンフィクションエッセイ・随筆


解説

牧羊ネコ、ボデイシャスは空と羊の間をみる。
何をみているのだろうと不思議に思う。
ご主人のスザンナさんがささやく。「妖精がいるのよ」
僕も空と羊の間をみる。――岩合光昭(動物写真家)

野良猫だったぼくはある日拾われ、牧羊猫になった――
テレビやSNSでも話題、アイルランドでもっとも有名な猫の365日

「ぼくは牧羊猫のボデイシャス、これはぼくの物語だ」
ある日、羊飼いに拾われてブラックシープ農場で暮らすことになった野良猫のボデイシャス。
やがて立派な“羊飼い猫”になったボデイシャスが、
ご主人の羊飼い、そして動物の仲間たちとの四季折々の日々を綴った猫自伝。


――小高い丘のてっぺんの牧草地は、心地のいい静寂に包まれている。
トラクターや車の音も、人の声も聞こえない。
毛のふわふわしたぼくの耳を震わせる音は何もない。
もちろん、梢がこすれる音、鳥の歌声、ハイイロリスのやかましいおしゃべり、
カラスの呼び声、彼方で啼くタカ、ノスリのさえずり、牛の呻き声は聞こえる。
そして、ぼくの足下の大地が、氷を解かすあたたかな南風を大きく呼吸する。(本文より)