マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションエッセイ・随筆

羊飼い猫の日記 アイルランドの四季と暮らし

羊飼い猫の日記 アイルランドの四季と暮らし


発行: ハーパーコリンズ・ジャパン
レーベル: ハーパーコリンズ・ノンフィクション
価格:1,500pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

牧羊ネコ、ボデイシャスは空と羊の間をみる。
何をみているのだろうと不思議に思う。
ご主人のスザンナさんがささやく。「妖精がいるのよ」
僕も空と羊の間をみる。――岩合光昭(動物写真家)

野良猫だったぼくはある日拾われ、牧羊猫になった――
テレビやSNSでも話題、アイルランドでもっとも有名な猫の365日

「ぼくは牧羊猫のボデイシャス、これはぼくの物語だ」
ある日、羊飼いに拾われてブラックシープ農場で暮らすことになった野良猫のボデイシャス。
やがて立派な“羊飼い猫”になったボデイシャスが、
ご主人の羊飼い、そして動物の仲間たちとの四季折々の日々を綴った猫自伝。


――小高い丘のてっぺんの牧草地は、心地のいい静寂に包まれている。
トラクターや車の音も、人の声も聞こえない。
毛のふわふわしたぼくの耳を震わせる音は何もない。
もちろん、梢がこすれる音、鳥の歌声、ハイイロリスのやかましいおしゃべり、
カラスの呼び声、彼方で啼くタカ、ノスリのさえずり、牛の呻き声は聞こえる。
そして、ぼくの足下の大地が、氷を解かすあたたかな南風を大きく呼吸する。(本文より)

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。