マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌エンターテインメント芸能ジャニーズ

二丁目のジャニーズ 最終戦争篇

二丁目のジャニーズ 最終戦争篇


発行: 鹿砦社
シリーズ: 二丁目のジャニーズ
価格:971pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 原 吾一(はら ごいち)
 埼玉県生まれ。10代より紆余屈折(うよくっせつ)の人生を歩みはじめ、芸能界、新宿二丁目などを流浪。前作『二丁目のジャニーズ』より本格的に文筆活動に入る。

解説

 迷走する「帝国」ジャニーズとの最終戦争! オトコの花園・ジャニーズ事務所、その横暴と蛮行の果てに残るものはなんなのか。ジャニー喜多川への生贄になってしまい、人生を踏み外した少年達…そして、スターたちの思惑。森且行引退の真相、田原俊彦復帰の謎、少年のエイズ疑惑など、今ここでジャニーズの舞台裏が、奥の奥まで明かされようとしている。

目次

1 森且行の引退
2 週刊読売の記事
3 帝国の横暴
4 悲しき習性
5 同じ動作
6 もう一人の犠牲者
7 田原俊彦の復活
8 残る疑惑
9 あるファンの決意
10 意外な弱点
とりあえずのおわりに

抄録

 ジャニー喜多川は、自分の事務所に入ってくる美少年たちに対し、ほとんど無差別に手を出している。
 何しろ彼らは、数多くの応募者の中から、ジャニー喜多川の独断と偏見にも基いて選び出されたのだ。
 つまり、ジャニーズ事務所に所属する少年たちのほとんどが、ジャニー喜多川の好みだということになる。
 「光GENJI」も、「SMAP」も「TOKIO」も「V6」もその中から特に好みの少年たちを選び出し並べたのだ。
 将来において、スターになるであろう人物を見抜く‘感性’ではなく、もうひとつの、別の感性をはたらかせているにすぎない。
 あとはただ、ジャニーズ帝国の財力と権力とをもって、次々にスターのレールにのせているだけだ。
 いまさら私が言うまでもないが、スターとは、自然に生まれてくるものではなく、周囲が寄ってたかって創り上げるものなのだ。
 ジャニーズ事務所ほどの財力と権力、そして知名度があれば、頭が悪かろうが才能が無かろうが、ある程度の人気者は簡単に創り出すことができる。
 街を歩いていて、誰一人として振り返らないような平凡な‘お兄ちゃん’でも、鳴物入りでスポットライトの中央に登場させれば、‘それなり’に見えてくるものなのだ。
 芸能界は、虚飾の世界である。
 虚飾でグルグル巻きにした少年たちを芸能界に送り出し、その虚飾がはがれてくるころともなると、さっさと解散して、次の新しい少年たちを送り込む。そしてまた次の……。
 ジャニーズ事務所は、結成以来の三十数年間、それを繰りかえしてきた。
 少年たちは、百円ライターのように使い捨てだ。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。