和書>小説・ノンフィクションミステリ小説海外ミステリ小説


解説

「フランスのスティーブン・キング」と評されるグランジェによる長編サスペンス。

濃霧の夜のボルドーで、完全な記憶喪失の男が保護され、同時に牡牛の頭部を被せられた全裸死体が発見される。自分が殺人犯なのかと疑う精神科医の男と、彼は無実と信じる女警部の二人が、同じ謎を追いかけてそれぞれに暴走する。フランス全土をまたぐ二人の逃走と追跡は、ついに嵐の港で真実とぶつかり合う。