和書>趣味・生活・雑誌趣味囲碁・将棋

AIの流儀──タブーが常識になる

AIの流儀──タブーが常識になる

著: 金成来 訳: 洪敏和
発行: 東京創元社
シリーズ: 碁楽選書



著者プロフィール

【金成来】
1963年、生まれる。1996年、プロ入段。2002年、教育学修士(歴史専攻)。2006年、四段。前、明知大学兼任教授。

【洪敏和】
1970年、東京生まれ。小学生の頃、兄と碁を始め、韓国外務省勤務の父のもと、アフリカ、ヨーロッパ、南米、日本で様々な経験を積む。韓国外国語大学卒。大学時代の1995年に、大学アジア囲碁選手権戦優勝。1996年、北京・日中韓アジア囲碁選手権戦韓国代表。囲碁を通じて人の輪が広がるのを願う囲碁ファンの一人である。

解説

アルファ碁の登場で、これまでタブーとされていた初期の三々侵入が常識化する時代になった。これまで人間が積み上げてきた知識がAIによって簡単に覆される時代がやってきた。AIは確かに強い。しかし負けたとか考えるのではなく、AIの手法を学んでいくことで新しい世界を経験する楽しさを感じることが大切である。本書はAIによって流行するようになった定石や布石の変化をまとめ、分かり易く理解できるように構成した。