マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌雑誌

文蔵 2020.9

文蔵 2020.9


発行: PHP研究所
レーベル: PHP文芸文庫 シリーズ: 文蔵
価格:600pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

【ブックガイド】
読むだけで楽しい、美しい、美味しい!
五感で感じる「旅小説」……大矢博子
辿る、出会う、味わう 旅の醍醐味
逃げる、追う、探す 旅のミッション
昔の人も、旅をした さらに広い世界へ 海外の旅

【連載小説】
●小路幸也 天狗さまのもとに 続・すべての神様の十月3 出動すると、なぜか勝手に火事が消えてしまう消防士。その意外な理由とは?
●近藤史恵 おはようおかえり6 小梅は妹に乗り移った曾祖母と梅田に出掛けるが、あることに腹を立てる。
●朝井まかて 朝星夜星11 川口居留地近くでは外国人との間に事件が起き、おゆきは心を痛めていた。
●あさのあつこ おいち不思議がたり 旅立ち篇12 おいちは伯母のおうたに諭され、新吉と将来について話し合うことにする。
●西條奈加 六つの村を越えて髭をなびかせる者16 獄中死した青嶋を思い、何も手につかない徳内をある人物が訪ねてくる。
●宮部みゆき 子宝船 その三 きたきた捕物帖22 「多香屋」の若夫婦は宝船の絵を手に入れ、子を授かることができたが……。
●山本一力 緋色の壺 その七 献残屋佐吉御用帖35 賭場の盆の前に進んだ佐吉は、あるじ永承に言われた通りに勝負をかける。

【話題の著者に聞く】
鯨井あめ『晴れ、時々くらげを呼ぶ』小説は至高です。そう信じて書き続けます。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。