マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

上意返し 御庭番の二代目12

上意返し 御庭番の二代目12


発行: 二見書房
レーベル: 二見時代小説文庫 シリーズ: 御庭番の二代目
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

家康公百五十回忌社参。過酷な徴税に十万人が鋤鍬を掲げ江戸城へ!
島原の乱以来の大騒動か!

中山道六十九の宿場のうち、最大の本庄宿を探索せよと命じられた宮地加門は……。
天狗触れとは一揆の画策?

将軍は九代家重から十代家治へと受け継がれた。来年は家康公百五十回忌の日光社参。その莫大な費用を補うべく、幕府は中山道沿いの各村に過酷な税「増助郷」を迫った。朝鮮通信使来日に続く「酷税」に百姓は決起。御上意といえども抗するしかない。やらなきゃ飢え死にしかない。中山道の各村から鋤鍬を手に十万人を超える百姓が江戸城へと進んでいく。御庭番の宮地加門は……。

目次

第一章 城の奥
第二章 消え生まれ
第三章 付け焼き刃
第四章 伝馬騒動
第五章 上意返し

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。